オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

アルミサッシにできる白い斑点は何!?


アルミサッシにはもともと強力な耐候性があるため
塗装やメンテナンスを行わなくてもいいとされ放置気味です。
しかし、そんなアルミサッシに白い斑点ができているのを見たことありませんか?
たとえ耐用年数が長くても、アルミサッシ自体には経年とともに
汚れやサビが発生してしまいます(T_T)
今回はアルミサッシにできる白い斑点の謎について調べてきました!!
サッシの斑点
アルミサッシにできる白い斑点の謎
結果からお伝えすると・・アルミサッシにできる白い斑点は
「酸化被膜とよばれるサビです」
アルミはサビにくいと思われていますが
アルミは酸素と結びつきやすく、空気に触れるとすぐに酸化して
表面に白い斑点(酸化アルミニウム=アルマイト)を作りだします。
この白い斑点はアルミの表面を覆って
内部がこれ以上サビないように保護してくれる性質を持っています。
しかし酸化被膜は、空気中の埃・ちり・すすなどで
酸化被膜が壊されそこから腐食を起こしてしまうことがあります。

白い斑点ができないようにするには?
白い斑点ができないようにするには、定期的な掃除やメンテナンスが必要です。
↓ ↓掃除・メンテナンスのポイントは2つあります↓ ↓

その1 水洗いで定期的にキレイにすること
その2 結露などの水滴はこまめに拭き取ること

アルミの汚れは、上記でお伝えした空気中の埃・ちり・すすなどが吸着することで
腐食の進行具合を早めてしまいます( ゚Д゚)
腐食を防止するためにも定期的に掃除とメンテナンスを行いましょう。





お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫にお任せを!!
お気軽にお問合せ下さい♪♪



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552