オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁の劣化状況と変色の関係について


外壁の劣化はその症状によって深刻度が変わってきます。
それぞれの症状ごとに外壁がどのような状態であるかを理解して
大きな問題となる前に適切な補修を行いましょう('ω')ノ

1.塗膜の劣化(色褪せ・ツヤがなくなる)
外壁を塗装した直後は色鮮やかでツヤがありますが
雨風や紫外線に晒され続けることで外壁の表面の塗膜が劣化してしまいます
この劣化が進行することによって外壁表面のツヤが落ちてしまい、次第に色も褪せていきます
塗膜の劣化は、外壁劣化の初期症状ですが放置してしまうと
次段階のチョーキング現象へと進んでしまいます
2.チョーキング現象(防水効果がなくなる・汚れの原因)
チョーキング現象とは外壁に塗られた塗料が劣化して
触れるとチョークのような粉がつく状態のことを言います
この現象は主に気温による影響を受けることで引き起こされます
チョーキング現象を起こしてしまったら塗膜は、外壁を保護する役割が果たせなくなります
外壁の塗膜は外壁に対候性を持たせる意味合いを持っているため
このまま放置してしまうと表面だけでなく外壁そのものの劣化が進行してしまいます
チョーキング現象まで劣化が進行した場合は
一度表面の粉を落として再塗装することで外壁の劣化を防ぐことができます
3.コケ・藻・カビの発生
日当たりの悪い方角に位置する外壁は湿気が多くなり
コケや藻やカビが発生してしまいます
発生することによって外壁の保水力が高まり
さらに発生しやすくなるという悪循環に陥ってしまいます
コケや藻が生えると外壁は緑色に変色して、木製の外壁の場合は腐食の原因になります
そのまま放置しているとカビの腐食による黒ずみも発生してしまうので
コケや藻の放置には注意が必要です
4.クラック・コーキングのヒビ割れ
地震の揺れや温度変化の影響で外壁にクラックが入ってしまったり
コーキングにヒビが入ったりすることがあります
小さなクラックなら問題のない場合もありますが、クラックが大きくなってしまうと
そこから雨水が浸入してしまうことがあるので注意しましょう!!
サイディングの隙間のコーキングがヒビ割れてしまった場合は
サイディングに使用している壁在が剥がれ落ちてしまうことがあるため
早急に樹脂やシリコンで補修しなければなりません

いかがでしたか?
症状と状態をしっかりと理解して早めに補修を行いましょう。


お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫にお任せを!!
お気軽にお問合せ下さい♪♪

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552