オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

棟木について学ぶ~基礎知識


棟木(むなぎ・むねぎ)とはどの部分を指しているか知っていますか?
知っている方は少ないのでないでしょうか・・
棟木は屋根にある重要な部分の名前です。
今回は棟木の基礎知識をお伝えしたいと思います('ω')ノ
下地
棟木とは!?
棟木は屋根の一番高い位置にある母屋や軒桁と
平行方向に取り付けられる部材のことで、屋根を支える重要な部分です
役割について・・
棟木は家の重要な構造体で、母屋とともに垂木を支え
屋根の荷重を屋根の頂上である小屋束から梁へと伝える重要な役割があります
棟木の太さについて・・
標準は約105ミリ角~120ミリ角の杉材が一般的です
これ以上太いと、住宅上部の重量が増してしまい
地震の際に屋根の重みによる倒壊の可能性が高くなってしまいます
逆に細いと、構造的に強度や耐久性に問題が発生します
屋根を支えるとても重要な部分になるので、強度は十分に確保しましょう!!

今回は棟木の基礎知識について紹介しましたが、いかがでしたか。
棟木は屋根の重要な部材であり、強風の被害を受けやすい場所でもあります。
そのため台風などの自然災害の後には
屋根の状態を確認して、把握しておくと良いでしょう。


お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫にお任せを!!
お気軽にお問合せ下さい♪♪
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552