オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁塗装をDIYする~外壁塗装をする際の服装とは?


測定
外壁塗装をDIYする際は、塗装の道具を準備することも大切ですが
塗装する際の服を準備することも大切になります(^^)
初めてペンキに触れるのであれば、跳ねたり垂れたりするので扱いにくく大変です。
また、着ている服で塗装しにくくなったりすることもあるので
外壁塗装での服装選びは重要なポイントになります!!
今回は、外壁塗装をする際の服装について紹介したいと思います。
どのような服装が外壁塗装に向いているのでしょうか。
1.半袖は塗料もつきにくく動きやすい
半袖であれば、袖口が塗装した部分に触れることも少ないので、仕上がりも良くなるでしょう
寒い時期に塗装を行う場合は、半袖というワケにはいかないので、長袖や上着を羽織りましょう
しかしフードが付いているパーカーは、フードが塗装した部分に
触れてしまう可能性が高いので、塗り直しが必要になることが考えられます
長袖のシャツを着ている場合はボタンを留めないと袖に塗料がついてしまうので
しっかりとボタンを留めて外壁塗装をおこないましょう
2.すっきりとした服装
ダボダボした服装は動きやすいですが、壁に近づいて塗装することもあるので
ペンキが付いてしまうことが考えられます
そのためすっきりとした服装を選びましょう
3.使い捨てできる古着
お気に入りの服や新しい服を着て外壁塗装を行う方はいないと思いますが
もう着ることがない古着であれば汚れてもいいので安心して外壁塗装ができます
4.エプロン
胸部分から膝までカバーしてくれるエプロンがあると
服に汚れが付きにくいのでオススメです
リボンは作業をしている際にほどけたりしないようにしっかりと結びましょう
ポケットが付いているエプロンであれば
作業で使用する道具を入れておくことができるので便利です
5.汚れてもいい靴
いつも履いている靴で塗装作業をしてしまうと
ペンキが付いてしまったり、ペンキを踏んでしまったりして汚れてしまいます
そのため汚れてもいい靴を選びましょう
そして動きやすい運動靴で作業するようにしましょう
6.タオルやバンダナ
外壁塗装では、髪の毛にペンキが付いてしまうこともありますが
タオルやバンダナであれば頭に巻くだけで髪の毛が汚れる心配はありません
夏の暑い時期はタオルなら汗を吸い取ってくれるので目に入ることを防いでくれます

外壁塗装をDIYする際は、きれいな仕上がりにするためにも
上記の服装のポイントを参考に動きやすい・汚れてもいい服装を選びましょう('ω')ノ


お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫に安心してお任せください!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552