オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

瓦のズレ・割れの放置は危険です!危険性についてお伝えします。


古くから日本の住居の屋根に使用されてきた瓦。
瓦は耐久性が高い素材ですが、粘度を焼き上げた陶器なのでヒビが入ったり
欠けたりしやすい面もあります。
また、地震大国の日本では揺れにより瓦がズレる問題も出てきます。
こうした欠陥やズレを放置すると住居の寿命を縮めてしまう結果にもなりかねません。
今回は、瓦屋根の破損を放置する危険性・瓦が割れてしまう原因について紹介したいと思います('ω')ノ

瓦のズレ
瓦の寿命は約50~100年と言われていますが、災害などの非常事態には耐えきれない場合があります。
屋根が地震でズレる・飛散物が衝突して破損してしまったら速やかに修理しましょう。
破損を放置していると、ズレた隙間から雨水が染み込んでしまいます。
雨水が柱や外壁にまで到達してしまうと
最悪の場合、柱や壁が腐ってしまい倒壊してしまう恐れが出てきます。
瓦が1箇所でもズレてしまうと、重大な事故に繋がることにもなりかねません・・
というのも瓦は1枚1枚に重みがあります。
そのため瓦1枚でもズレてしまうと全体のバランスが崩れ、屋根の崩落に繋がってしまいます。

欠損でも同じことを言えます(; ・`д・´)
少し欠けているだけで、大事故を引き起こしてしまうことがあります。
そして欠損してしまった瓦を放置してしまうと、また災害が起こった際に
瓦の落下や破損が続き、道路を歩いている通行人に直撃するなどの被害も出てきます。
少しだから大丈夫と瓦を放置しないでください!!
地震・台風の後は、必ず瓦のチェックを行うことをオススメします。
補修
瓦が割れる原因には様々ありますが、今回は主に考えられる4つの原因について紹介したいと思います。
1.釘が膨張して割れてしまう
瓦は釘で固定されています。近年使用されている釘はサビに強いステンレス製がほとんどですが、30~40年ほど前は主に鉄釘が使用されていました。
鉄は水分や湿気によってサビ、膨張してしまいます。そして鉄釘が膨張すると、釘穴が圧迫されて瓦の割れに繋がってしまいます。現在の瓦屋根工事においては、ステンレス製の釘を使用するため、鉄釘のようなサビや劣化の原因も少なくなりました。
2.瓦を踏みつけた衝撃で割れてしまう
アンテナ・太陽光パネルの修理・屋根清掃などの際に屋根に上がりますが、その際に誤って瓦を踏みつけてしまうと瓦の割れに繋がってしまいます。また、ハシゴをかけた際にもぶつかり割れてしまうことがあります。
瓦は非常に強度の強い素材ですが、30~40年前の瓦は耐久性が低下していて割れやすくなっていることは事実です。定期的に瓦屋根の状態を確認して、割れがひどくなる前に業者にメンテナンスをしてもらうことをオススメします!!
凍害劣化
3.凍害
瓦は焼いたときに無数の気孔が生じます。冬、その気孔に水分が入って凍ってしまうと瓦の内部組織が破壊されて、割れに繋がってしまいます。凍害は、寒い地方で発生する可能性が高いとされていますが、実際にはどこで発生してもおかしくありません。
山間部・日中と夜間の気温差が激しい地方については注意が必要です。凍害を放置してしまうと大規模な修繕工事が必要な場合があります。
瓦における凍害については、ここ最近の技術の進歩とともに水分吸収率が低い瓦や強度が増している瓦が数多くあり、凍害テストも行っているため安心して使用できます。
4.自然災害
何度もお伝えしたように、瓦は耐久性が高いです。
しかし台風による飛来物の衝撃や雪の重さなどに負けて破損してしまうケースもあります。自然災害で破損する場合も30~40年が経過し、劣化した瓦が多いです。瓦屋根の経年劣化が心配な場合は、一度業者に相談してみることをオススメします。現在施工されている瓦屋根は、瓦をしっかりと固定する工事が推進されていて、以前の瓦工事よりも強度が増しています。
瓦屋根の破損などを放置することは大変危険です!!
もしも発見した場合は、速やかに業者に依頼して修理してもらいましょう。
屋根は私たちの生活を快適に過ごしやすくしてくれている大切なものです(^^)

お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫に安心してお任せください。
すぐに駆け付けお客様のご要望に沿った屋根工事をご提案さしていただきます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552