オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

シックハウス症候群とは?原因についてお伝えします。


住宅は本来、私たちの暮らしや健康を守ってくれている存在です。
しかし注意を怠ってしまうと住宅が原因で頭痛・めまい・蕁麻疹などの症状が出る
「シックハウス症候群」にかかってしまうかもしれません(;´Д`)
シックハウス症候群を直訳すると「病気の家症候群」ということになり
”居住者の健康を維持するという観点から問題のある住宅に見られる健康障害の総称”を意味します。
今回はシックハウス症候群について原因などを紹介したいと思います。

シックハウス症候群の症状例
シックハウス症候群の症状は様々で、初めにお伝えした
頭痛・めまい・蕁麻疹の他にも、吐き気や眠さ・だるさなどが挙げられます。
一般的に子供の方が抵抗力が弱く、原因物質の影響を受けやすいと言われていますが
大人だからと言って油断してはいけません( ゚Д゚)
大人の発症者も症状には個人差があり、同じ住宅で暮らしていても発症する人・しない人に分かれます。
近代になって新たに登場した健康被害のため
医学的にわからないことが多くまだ治療法は確立していません・・
症状が多岐にわたるため、シックハウス症候群が原因なのか、また別の病気なのかわかりにくいからです。
環境問題と混合されされることがありますが、これは全くの別問題です!!
シックハウス症候群は「住宅」に由来する病気のため都会・田舎などの地域環境は関係ないです。
住宅が自然の空気の良い場所に立地していたとしても、室内環境が悪ければ発症する可能性はあるのです。
シックハウス症候群には様々な発症原因がありますが
とくに下記の3つが揃うと発症しやすいと言われています。

1.室内に有害な化学物質やダニ・カビなどの原因物質がある
2.室内の気密性が高い
3.換気をあまり行わない

化学物質の場合
室内の化学物質のうち健康への影響が最も大きいのは、発がん性が指摘されている「ホルムアルデヒド」です。
ホルムアルデヒドは、2003年に建築基準法が改正され
発散量に建材に等級が付けられ、それ以外のものは使用することができなくなりました。
しかしホルムアルデヒドは基準内の量であれば使用することができ化学物質には他にも多くの種類があります。
また家具やカーテンなどの化学物質による空気汚染もあるので
自分たちにできる予防策を立てておくことが大切になってきます。
ダニ・カビの場合
ダニやカビの多くは生活の中で発生してきます。
エアコンを付けた際、風が少し臭いなと感じたらそれはカビの胞子が飛び散っている可能性があります。
カビの胞子を吸い続けていると、アレルギーや体がだるくなるという健康障害が起こることも・・
そして体がかゆいときは、ソファー・絨毯・布団にダニが発生している可能性があります。
いずれもエアコンやソファー・布団などの掃除が十分でないためと
室内の風通しや換気が良くないために生じたものです。
今回はシックハウス症候群とは何か、そして原因について紹介しました。
花粉症と思っていたら実はシックハウス症候群だった、なんてケースもあります(; ・`д・´)
シックハウス症候群にならないためにも、こまめに換気を行い
有害物質を室内に溜め込まないようにすることが重要となります!!
高温時は特に化学物質の飛散量が増えるので、しっかりと換気しましょう。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます('ω')ノ
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552