オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

狭小住宅のメリットと注意点について。


都市部で便利な暮らしを送るために狭小地にマイホームを建てる方も多いと思います。
一方で「都市部からのアクセスが良くても、狭小住宅だと生活を快適に過ごせないのでは・・」と
狭小住宅に不安をを持つ方も少なくないかもしれません(;´Д`)
狭小住宅にはいくつかの注意点がありますが、それらのことを意識すれば
独自のメリットを活かした家づくりができます。
今回は狭小住宅の注意点とメリットについて紹介したいと思います。
狭小住宅
都心部の狭小地に多く建つ狭小住宅は、郊外の広い土地でゆったりとした
暮らしを送るイメージとは異なるものの狭小住宅ならではのメリットもあります。

1.利便性
狭小住宅とは一般的に15坪(約50平方メートル)以下の土地に建てられた住宅のことです
都市部でマイホームを建てる場合は土地代が高いため狭小住宅を選ぶ方も多いようです
都市部の狭小住宅は、土地の面積が限られてしまうため広い家を建てられない反面
高い利便性が最大の魅力ではないでしょうか?
2.税金
家を持つと「固定資産税」と「都市計画税」がかかりますが、狭小住宅は税金を安く抑えることができます
小規模住宅用地と呼ばれる200平方メートル以下の土地の場合は
固定資産税や都市計画税を算定する際に評価額が下がるというメリットもあります
3.生活コスト
床面積が少ない狭小住宅は、入居後の光熱費や維持費を抑えられることもできます
都心部では交通インフラが整っているので、公共交通機関を上手く利用すれば
車を持たずに生活することができるでしょう
車両税・ガソリン代などのランニングコスト削減にも繋がります
■防音
住宅が密集しているエリアに建つことが多く、どうしても隣の家との距離が近くなります
隣の方とのトラブルを防ぐためにも防音対策の配慮は欠かすことができません
■生活銅線・間取り
狭小住宅では暮らしのスペースを作るために2階・3階と縦に空間を取っていきます
そのため家事の上下移動が増えないように生活銅線を意識した間取りを考える必要があります
■収納スペース
豊富な収納スペースを確保することができない場合は
デッドデッドスペースを上手く活用するなどの収納の工夫も欠かせません
■強固な家にする
縦に空間をとることが多い狭小住宅は、地震が発生した際に揺れを感じやすくなってしまいます
大きく左右に横揺れすると近隣の家に被害が及んでしまうことも・・
自分の家を守ることと同時に他の家にも損害生まないためにも強度が求められます
■建築コストが高くなってしまう
盲点になりやすいのが建築コストです
住宅密集エリアに家を建てる場合、建築のための大型トラックを駐車することができなかったり
足場をかけるスペースが確保できなかったりすることもあります
建築作業が長期化してしまうだけでなく、人件費や車両費が高くなることがあるため注意しましょう
■建物の高さを確認しておく
第一種低層住宅専用地域に指定された土地では、都市計画法によって
建物の高さに制限が設けられています
そのため家を2階建て以上にする場合は、それぞれの天井高を下げたうえで
建物全体の高さを定められた範囲内に収める必要があります
いかがでしたか?今回は狭小住宅のメリットと注意点について紹介しました。
アイデア次第で理想の暮らしを手にすることができます!!
メリットと注意点の両方を理解したうえで、快適な狭小住宅ライフを送ってみてはいかがでしょう♪♪

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552