オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

暴風雪の建物被害に注意しよう!!


多積雪地域
毎年非常に発達した低気圧による暴風雪が発生しています( ゚Д゚)
そして家庭での除雪作業中の事故も多く起こっています。
これからの時期は、暴風雪や除雪作業での被害を防止するために注意が必要になります。
今回は暴風雪についてお伝えしたいと思います。
気象情報に注意して、暴風雪が予想されるときは外出しないことが身を守るための最善の対策です。
暴風雪の被害防止策をきちんと理解して、いざというときに備えましょう!!

1.家の中で安全に過ごすためには?
■停電に備えて懐中電灯・携帯ラジオ・防寒具を準備する
■ストーブやカセットコンロは換気を良くして使用する
■外出困難や物流の停止に備えて、食料品・飲料水などの生活用品を備蓄する

2.外出しなくてはいけないときは?
吹雪などの際に外出する場合は、公共機関を利用しなるべく来るまでの外出は避けましょう。
車を利用する際は以下のことに注意しましょう。
■携帯電話・ラジオなどで気象情報や道路情報を確認して状況に応じた無理のない運転をする
■天気が急変して車が立ち往生することも考えられるため、十分に燃料があることを確認する
■運転中少しでも危険を感じたら近くの施設で天候の回復を待つ

3.もし吹雪で車が動けなくなったときは?
■大雪などで車が立ち往生した際は、救助を依頼してハザードランプを点灯して目立つようにする
■避難できない・救助を求める人や家がない場合は、消防や警察に連絡するとともに
窓ガラスを少し開け換気して排気ガスによる一酸化炭素中毒に注意して救助を待つ
雪が身近でない地域の方の雪のイメージは、ヒラヒラと空から舞い落ちる雪を想像されるかもしれませんが
降り積もった雪は非常に重たい物体になります。
雪の重さは1立方メートルあたり新雪で150㎏以上とされていて
だんだんと固まっていった雪だとなんと500㎏以上になる場合もあります。
想像以上の重さだということを理解してもらえたでしょうか(;´Д`)
そして雪の重みは建物に大きなダメージを与えます。
大雪が降った後は、屋根とあわせてカーポート・ベランダ・雨樋などの
積雪に弱いとされる箇所に損傷がないかの確認を行いましょう!!
近年異常気象の影響からか、今まで雪の被害がなかった地域にまで大きな被害をもたらしています。
そのため雪に対してあまり警戒しないまま、自宅の除雪作業を行い
屋根からの転落や、除雪機による事故、落雪により雪の下敷きになるなどの事故が発生しています。
雪下ろしや除雪機での除雪作業は危険が伴いますので、十分に注意してください。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます('ω')ノ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552