オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

凍結に強い屋根材はどの屋根材?


近年は異常気象の影響で、雪があまり降ったり積もらなかった地域でも
雪が降ったり積もったりするようになりました((+_+))
今年はどのくらいの雪の影響があるのでしょうか?
屋根材の凍結にも注意が必要になってきます。
スレート・瓦・金属など様々な屋根材がありますが
凍結してしまうとヒビ割れや劣化などの原因に繋がってしまうのです。
今回は凍結に強い屋根材を皆さんにお伝えしたいと思います!!
雪
屋根材には吸水率というものがあり
その吸水率の値が高いほど、水分含有量が多くなります。
しかし、この水分が凍結して氷となって屋根材の体積を膨張させてしまうのです(;´Д`)
そして凍結していたのが溶け、また凍結してを繰り返すことで
ヒビ割れや劣化を引き起こしてしまう原因となるです。
凍結によるヒビ割れや劣化を抑えるためには、耐寒性の優れた屋根材を採用することです。
耐寒性に優れた屋根材はどのようなものがあるのでしょうか。

◆三州瓦
日本三大瓦の1つです
愛知県で生産されている瓦で、高い耐寒性があり古くから使用されてきました
三州瓦は、愛知県西三河地方の旧国名三河を意味する「三州」に由来します
この地域は良質な粘土が豊富なため、粘土瓦の産地の中で最も繁栄してきたとされています
重量と価格が欠点‥
◆ローザー金属瓦
ガルバリウム鋼板の上下に、10層にわたって金属を重ねた金属瓦です
ローザー金属瓦は、世界的なルーフィングシステムとして
軽量で品質のあるデザイン、自然と調和する外観で建物を美しく演出してくれます
低コストながら優れた耐久性と長い寿命で、世界中で幅広く使用されています
メーカーの赤錆30年保証も付いていて、認知度は低いですが優秀な屋根材です
◆セラムシリーズ
三州瓦の種類でありながら軽量化・コストパフォーマンスに重点をおいた平板瓦です
三州瓦の機能性はそのままで、より手の届きやすい屋根材として発展したもので
デザイン性にも優れています
◆自由選択瓦ヴァール
高い耐震性・耐寒性・耐久を併せ持ち、古くから日本の住宅を守ってきたものが瓦です
自由選択瓦ヴァールは、建物の造りに合わせて瓦のデザインを自由に選択できるのが特徴で
和・洋のどちらの建築様式にも対応できるようになっています
こだわりを持っている方にオススメです
三州瓦の系統に属しているので耐寒性はもちろん、その他の機能面にも優れています
◆GCMセラミック瓦
INAXと瓦の製造メーカーであるタムテックが共同開発したセラミック瓦です
陶磁器製セラミックならではの光沢感もあり、しっかりとした耐寒性・機能性を併せ持っていて
オーダーメイドで色・形を作ることができ、タムテックが直接施工することでコストを抑えています
和・洋どちらの建築様式にも対応でき、シンプルでモダンな住宅にも合わせることができるマルチな屋根材です
いかがでしたか?
凍結に強い屋根材について紹介しました。
寒冷地では、金属屋根のシェア率が70%を占めているとされていますが
金属屋根だけではなく瓦も非常に高い効果を発揮してくれます。
瓦は重量・デザイン性・価格の欠点がが挙げられていましたが
現在は瓦の技術も高まり、軽量化が進みコスト面でも改善されてきています(*´ω`*)
金属屋根もいいですが、凍結に強い瓦にも目を向けてみてください。



住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552