オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

クロスの張り替え方法について~自分・業者どちらがいいの?


クロスについて色々お伝えしてきましたが
今回は張り替え方法について紹介したいと思います('ω')ノ
DIYで張り替えを考えている方や、業者に依頼することを考えているという方
どちらにするか悩んでいるという方など様々いらっしゃいます。
この記事をご覧になってどちらにするか決めてもらえたらと思います。
ローラー
まずクロスの張り替え時期についてですが
製品の素材・部屋の環境にもよりますが、約5~10年と言われています。
以前紹介しましたが”張り替えをするべき症状”が現れたら張り替えの時期です。
クロスの張り替えをする際は、隣接の部屋とのバランスも考えるようにしましょう!!
台所とリビング・玄関と廊下など隣接している場所のクロスは統一感があると広く見えます。
「失敗した‥」なんてことにならないように事前にしっかりと考えましょう。
クロスの張り替えは自分で行うことができるのでしょうか?
自分で行う際のメリットとデメリットについてお伝えします。

1.クロスや道具を準備する
必要な道具は
ハサミ・カッター・メジャー・踏み台・ジョイントローラー・ジョイントコーク・ハケ・地ベラなど。
最近は、のりつき壁紙やはって剥がせる壁紙シートなども登場し
必要な道具が一式揃っているセットなどもあります。
クロスや道具は、ホームセンターやネットで購入することができるので
自分で使用できそうなものを選びましょう!!

2.張り方
製品によって異なりますが、一般的な張り方は
①壁のテープ・シールを全て剥がしてキレイにする
②クロスを張る場所以外に接着剤が付かないようにマスキングする
③古いクロスを剥がす
④下地に凸凹・ヒビ・穴などがあればパテで均一にする
⑤壁のサイズを測りクロスをカットする
⑥内側から外側に向かってクロスを張っていく
⑦端が余ればカットする
⑧張り付けたクロスが剥がれないようにローラーで押さえる

自分で行うメリットとデメリット
メリットとして挙げられることは、費用を抑えて張り替えができることです。
業者に依頼するという手間もなく、思い立ったらその日に行えることもメリットのひとつです。
しかし仕上がりは、プロと違うので格段に異なります('_')
このようなことがデメリットになります。
そして失敗することや完成するまでに時間がかかってしまうでしょう。
注意点は、クロスの張り替えを自分で行う際に起こりがちな「クロスのよれ」です。
柄のクロスは特に目立ってしまうので十分に注意して張るようにしてください!!
自信がないという方は、剥がせるタイプのものを選ぶといいでしょう。
クロスの張り替えを業者に依頼すると、どうしても費用がかかってきます。
しかし仕上がりは美しくなります。
また、どのクロスを選べばいいのか迷った際も相談にのってもらえるでしょう。
クロスだけでなく部屋全体のバランスに合ったリフォームを依頼することができるのもメリットです(*‘∀‘)
クロスの張り替え費用ですが、素材の種類・張り替える面積・業者によっても異なります。
そのため複数の業者から見積もりを取ることをオススメします。
クロスの張り替えを依頼する際は、張り替える部屋の荷物を片付けたり
家具を移動しておくなどどこまで行わなければならないのかを確認しましょう。
クロスの張り替え方法について紹介しましたが、理解してもらえたでしょうか。
自分で行う場合はデメリットのこともよく考えて行うようにしてください。
「キレイに張れるかな‥」と不安な方は、業者に依頼することをオススメします!!
イメージ通りの部屋になるようにどちらを選択するべきなのかを
きちんと考えてクロスを張り替えましょう(^^)



住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552