オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

耐震補強工事は必要?必要性についてお伝えします。


ここ最近よく地震が起こっています(;´Д`)
日本は地震大国とも呼ばれていて、本当に地震発生率が高いです。
地震に備えて耐震補強工事を検討されている方も多いのではないでしょうか。
防災グッズを備えておくことはもちろん、耐震補強についてもきちんと考えておく必要があります。
今回は耐震補強工事の必要性について紹介したいと思います。
耐震
耐震補強工事とは、住宅の耐震構造を補強して地震に強い家にする工事のことを指します。
建物を建てる際に設けられている耐震基準は。今まで起きた大地震のたびに改正されてきました。
1981年に大きな法改正があり、この年以降の耐震基準を「新耐震基準」と呼ばれています。
耐震補強工事ではこの新耐震基準を満たすために
建物の基礎の補強・腐朽箇所の修繕・壁の補強・屋根の軽量化を行います。

耐震補強工事が必要なワケ!!
耐震補強工事が必要なワケは、地震による被害を最小限に抑えるためです。
1995年に起こった阪神淡路大震災では、新耐震基準に満たない建築物が
数多く倒壊・崩壊して、多くの人の命がなくなりました。
環太平洋地震帯に位置している日本では、今後も大きな地震が起こると予想されています。
地震によって大切な住宅・命をなくさないためにも耐震補強工事は必要と言えるでしょう!!
1.新耐震基準を満たしていない木造住宅
新耐震基準を満たしていない木造の住宅は注意が必要です。
建築確認申請が行われたのが1981年より前の場合は
新耐震基準を満たしていないことになるので確認しましょう。
2.耐震診断で「耐震化が必要」とされた住宅
住宅の耐震性を確認するために、建築士や施工業者に耐震診断を依頼することができます。
地盤の状態や建物の形状・建築時期・壁の状態などを確認して
耐震性があるのかどうかを診断するものです。
耐震診断の結果、耐震化が必要と指摘された住宅は早急に耐震補強工事を行う必要があります。
3.増築した住宅
過去に増築を行った住宅は、もともとあった部分と増築した部分の接合が不十分なことがあり
地震によって大きな被害を受ける可能性があります。
2回以上増築している住宅はより注意が必要になります。
4.劣化が進行している住宅
住宅を支えている基礎部分にヒビ割れ・傾きがあるなどの劣化が進行している住宅は
十分な耐震性を持っているとは思えません。
シロアリ被害も発生していないか確認して、劣化状態をチェックしましょう。
5.大きな吹き抜けがある住宅
大きな吹き抜けがある住宅は、地震によって建物全体が歪んでしまう恐れがあります。
柱と壁の量が少ない分、耐震性が弱くなってしまう傾向があるからです‥
1辺が4m以上の大きな吹き抜けがある場合は耐震診断を受けることをオススメします。
いかがでしたか?
耐震補強工事の必要性について少しは理解してもらえたでしょうか(*‘∀‘)
大きな地震はいつ・どこで起こるかわかりません。
命を守るためにも耐震診断を受け、耐震補強工事について検討してみてください!!


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552