オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

壁紙の落書きにお悩みの方、キレイにする方法を紹介します。


小さな子供がいらっしゃる家庭では壁紙の落書きで悩まれている方は多いのではないでしょうか?
面倒でついつい放置されがちな落書きですが、時間が経つと更に落ちなくなってしまいます(;´Д`)
そのため壁紙の落書き汚れは、すぐに落として頂きたいです!!
今回は壁紙の落書きをキレイに掃除する方法についてお伝えします。
落書き汚れに悩ませれていた方は、是非この記事を参考にしてキレイにしてみてください。
落書き
壁紙につく代表的な汚れには、このような種類があります。
●鉛筆(色鉛筆)
●水性・油性ペン
●ボールペン
●クレヨン
お絵描きをさせている際などに
壁紙に落書きをされてしまったという経験をされた方も多いでしょう。
そんな落書きですが、放置しているとどうなるのでしょうか?
1.汚れが取れなくなる
壁紙についた汚れは、時間が経てば経つほど壁紙そのものに染み込んで
落としにくくなってしまいます(T_T)
落書きされてすぐに掃除するのと、しないのとでは全く違ってきます。
時間が経ち、様々な方法で掃除しても落とすことができない場合は
壁紙の張り替えを考えなければなりません。
2.部屋全体が暗いイメージになる
スッキリと部屋が片付いていても、壁紙に落書きがあるだけで
部屋全体が暗いイメージになってしまいます。
3.賃貸の場合トラブルになることも‥
壁紙の落書きは「故意の過失」とみなされることがあり、賃貸の場合は出ていく際に
修繕費を要求されることがあるので注意が必要です。
トラブルを防ぐためにもキレイに使用するようにしましょう。
落書きの落とし方は、種類によって異なるので適した掃除方法でキレイにしましょう。
●鉛筆・色鉛筆
鉛筆の落書きは消しゴムで簡単に落とすことができます。
同じところを何回もこすったり、力を入れすぎたりすると壁紙をキズつけてしまうので
軽くこすって落とすようにしましょう。
色鉛筆は、普通の鉛筆と違って消しゴムではなかなか落とすことができません。
そこで使用するのがクレンジングオイルです!!
クレンジングオイルで落書きを落とした後は、乾拭きをして仕上げるようにしましょう。
●水性・油性ペン
水性ペンの落書きは、インクが乾いてなければ水拭きだけで簡単に落とすことができます。
時間があまり経っていなければ、まずは水拭きをしてみましょう。
インクが乾ききっている場合は歯磨き粉が効果アリです!!
歯ブラシで優しくこすって落書きを落としましょう。
油性ペンは、時間が経っていなければ水で湿らせたメラミンスポンジで落とすことができます。
メラミンスポンジでも落とせなければ、以下の方法を試してみてください。
①コットンに除光液を染み込ませて落書き汚れにはりつけしばらく待つ
②はりつけたコットンで汚れを取る
③まだ汚れが残っている場合はアルコールを含ませた綿棒でこする
④乾拭きをする
⑤重曹水を吹き付けて乾拭きをして仕上げる
●ボールペン
ボールペンの場合は、水性と油性で使用するアイテムが異なります。
水性ボールペンにはアルコール入り洗剤、油性ボールペンには除光液を使用しましょう。
●クレヨン
クレヨンの汚れはメラミンスポンジで簡単に落とすことができます。
壁紙を傷めないように優しくこすって落とすように注意しながら汚れを落としましょう。
いかがでしたか?
壁紙の落書き汚れにお悩みの方は、一度紹介した方法を試してみてください。
また近年は、汚れやキズに強いタイプの壁紙も登場してきています('ω')ノ
落書きだけでなく、手垢汚れ・タバコのヤニなど様々な汚れに活用できる壁紙もあるので
落書き汚れ以外にお困りの方は、業者に相談してみるといいでしょう。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552