オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

下塗りの重要性~ナゼ下塗りは必要なのか。


屋根・外壁などの塗装工事において、最終的な上塗りだけでなく
上塗りの塗料をしっかりと付着させるために重要となる下塗りという工程があります。
塗装工事は見栄えを良くするだけでなく、建物を守る保護膜となる必要性があるのです。
今回は塗装する際に重要となる下塗りの大切さについて紹介したいと思います(*´ω`*)
スレート屋根
屋根や外壁の塗装は家具などと違い、紫外線・雨・風などに耐えながら
何年何十年とその強度を保つ必要があるので、簡単に考えてはいけません。
そして一番肝心だとされることは、上塗りを行う前にどれだけしっかりと下地処理や下塗りを行うかです。
下地処理をきちんと行わなかったり、下塗りを行わないなどのことがあれば
本来持つ塗装の性能を発揮することができず建物にトラブルが生じてしまうのです(;´Д`)
そのため、下塗り工程は、上塗り塗料をしっかりと密着させるためにもとても重要な工程なのです!!
1.上塗り塗料の密着性を高める効果
下塗りを行わずに、上塗りをしてしまうと塗料と塗装面の密着が弱くて
簡単に剥がれてしまうことが考えられます。
塗装が剥がれた部分から雨水などが浸入して、構造材が腐ってしまう原因となります。
剥がれを起こさないためにも下塗りを行い、塗料と塗装面を高い強度で密着させる必要があるのです。
2.塗装面を整える効果
次に塗装した後塗装面の滑らかさを保つ必要性が挙げられます。
下塗りを行わずに上塗りをしてしまうと、上塗り塗料が上手く塗装面に密着していないため
その部分だけ剥がれてしまい凸凹してしまいます。
見栄えも悪くなり、塗装直後の滑らかさが失われてしまいます。
3.上塗り塗料の機能を発揮させる効果
最後の3つ目は、上塗り塗料の耐久性を100%発揮させる必要性があるためです。
上塗り塗料には高い耐久性があり、紫外線や雨・風に耐える強度を持っています。
しかし下塗りをきちんとしていなければ、上塗り塗料の密着差にムラができてしまいます。
このことによって屋根や外壁の強度にもムラができてしまい
外部の刺激に耐えきれなくなってしまい建物にトラブルが引き起こされてしまいます。
屋根や外壁の塗装工事において、下塗りの重要性について理解してもらえたでしょうか(^^)
塗装の機能を発揮させるために下塗り工程は欠かすことのできないものです。
信頼できる業者に依頼して、どのような塗料を使用するのかと下塗り工程の確認するようにしましょう。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552