オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

外壁塗装で使用される下塗り材の種類


屋根
外壁塗装で使用される下塗り材には、いくつか種類があります(*'ω'*)
種類によって性質やどのような外壁に使用する必要があるのかが異なるため
見積もりの際どの塗料が使用されるのか、適したものなのかを確認するようにしましょう。
今回は外壁塗装で使用される下塗り材の種類について紹介したいと思います。
1.シーラー
シーラーは、既存の外壁に染み込ませて上塗り材が吸収されないように防ぎながら塗料の密着性を良くする塗料です。
中塗り・上塗り材の中にはシーラーのような下塗り材と違い密着性はありません。
そのためきちんとしたキレイな外壁塗装を施すためには、塗料を密着させる必要があり
シーラーなどの下塗りをしっかりと塗装しなくてはなりません。
このシーラーには水性と油性があり、性質が異なるため劣化状況に合わせて使い分けます。
水性シーラー
水性シーラーには”浸透性が低く染み込みにくい”という性質があります。
比較的劣化が少ないときに使用します。
また乾燥時間が3~4時間と長く、下地の状況や環境によってはもっと長くなる可能性があります。
ニオイはあまりしないという特徴もあります。
油性シーラー
油性シーラーの性質は水性とは逆の”浸透性が高く染み込みやすい”です。
劣化が激しい際に使用されます。
乾燥時間は30~60分と短いのですが、ニオイが強いという特徴があります。

2.バインダー
バインダーは、ほとんど下塗りの吸い込みがない外壁に使用される下塗り材です。
タイル外壁などが例として挙げられます。

3.プライマー
基本的な性能・役割に関したはシーラーと同じで
特徴としては使用する外壁の材質が違うということです。
プライマーで施工する場所は、鉄部・金属部になります。
触るとべたつくものもありますが、密着性を良くする両面テープのようなものと考えてください。
またサイディングにも窯業系・金属系の種類があるので
適切な下地処理をする塗料が必要となり、禁則形においてはプライマーがその効果を発揮してくれます。

4.フィラー
フィラーはシーラーやプライマーと用途は同じですが、塗料自体に厚みがあります。
この厚みを利用することで外壁の下地にヒビ・凹凸・シミなどを隠すことができます。
吸収させるというよりは、新しく密着性のある分厚い塗料を塗っていくイメージになります。
シーラーやプライマーに関してはほとんど液状になるので、フィラーのような厚い塗装は向いていません!!
フィラーによって下塗りをすることで厚みができることもそうですが
吸い込むというよりフィラー自体に塗装機能もあるため、中塗り・上塗りの前に
外壁を白色のフラットの状態に戻すこともできるでしょう。
濃い色から薄い色にする際は、下地が透けてみえることがあるので
フィラーで色の調整をすることで下地のカバーをしていくという役割もあります。
外壁の下塗り材は用途によって使い分け、外壁の材質によって異なる知識が必要になってきます。
業者に相談することで、あなたの住まいに合った塗料を選びリフォームをしてくれることでしょう。


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552