オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の防水寿命は外壁よりも短い!まずは外壁の劣化診断を。


外壁
私たちを紫外線・雨・風などから守り穏やかな暮らしにしてくれている
屋根と外壁は、常に厳しい環境の下に置かれています。
特に屋根は外壁より全面に太陽の光を浴びて、夜は冷気に晒されています。
真夏の屋根の表面温度は、なんと70℃以上に達することもあるんです( ゚Д゚)!!
もちろん耐候性の高い材料が選ばれて、塗装で更に耐久性や防水性を備えているのですが
経年による劣化からは逃げることはできません‥。
特に紫外線は大敵で、置かれている環境・使用されている材料にもよりますが
外壁は7~10年、主流となっているスレート屋根は外壁よりも3~4年早く劣化が始まってしまいます。
住まいの耐久性を維持するには屋根が最も重要となる部位なのです。
スレート屋根は、主原料にセメントを使用しそこに繊維材料を混ぜて約5mmの厚さに加工したものです。
材料自体が高い防水性能を持っているわけではなく、塗料によって防水機能を高めています。
そのため塗装による防水が切れてしまうと雨水が表面に留まり、少しずつ内部に侵入してしまいます。
屋根材に使用された塗料は、強い紫外線を浴びる続けることで劣化が進みます。
塗装による防水は、約7年で切れ始めるとされています。
また屋根の頂部に取り付けられている棟板金は釘でとめられているのですが
この釘も経年劣化によって浮き始め、止め付きが不十分になってきます。
スレートに雨水が染み込むようになると中の水分が温度差によって膨張・収縮を繰り返し表面にヒビ割れが生じます。
また冬などで気温が低くなると吸い込んだ水分が凍結し膨張することでヒビ割れ・爆裂などが起きます。
隙間ができてしまうと雨水が浸入しやすくなり、放置していると雨漏りの原因となってしまうのです。
外壁は汚れ・色褪せ・ヒビ割れなどの劣化が目に付きやすく、すぐに発見することができるのですが
屋根の状態はすぐに確認することができません(;´Д`)
築後7~8年経過して、既に外壁の色褪せやヒビ割れが確認できるようであれば
屋根の劣化具合はそれ以上に進行しているものと考えましょう。
住まいの寿命はどんどんと延びてきていて、30年以上住み続けることが当たり前になってきています。
30年の間に屋根・外壁のメンテナンスは必ず1~2回行うことになるので
なるべく早く業者に外壁劣化の点検診断を受けることをオススメします!!
屋根の防水寿命は外壁よりも早いということをお伝えしましたが、いかがでしたか。
築後7~8年経過しているという方は、一度劣化の点検診断を受けるようにしてください。
雨漏りが起こってからでは大掛かりな工事になり費用も高額になってしまいます。
このようなことにならないためにも、きちんとメンテナンスをしましょう(^^)


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552