オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

外壁がヒビ割れしやすい箇所ってどこ?


塗装のヒビ割れ
雨が続いたり台風が上陸したりすると、老朽化している建物は雨漏りが心配になることかと思います。
雨漏りというと屋根から起こるものと思われてしまいがちなのですが
意外にも外壁のヒビ割れ部分からの雨漏りも多いんです( ゚Д゚)
今回は外壁のヒビ割れしやすい箇所についてお伝えしたいと思います。
この記事をご覧になった後、一度外壁にヒビ割れを起こしていないか確認してみてください。
外壁のヒビ割れが生じやすい箇所として挙げられているのは以下の3点になります。
①換気扇ダクト
新築したばかりなのに換気扇ダクトから雨漏りを起こしてしまうことがあります。
これは建築時に防水紙などをきちんと貼り壁を施工するのですが
その工事が十分でなく壁との隙間から雨水が浸入して雨漏りを引き起こしてしまうからです。
②太陽光パネルの取り付け部分
太陽電池モジュールというタイプの太陽光パネルを取り付ける場合は
外の壁に施行のための穴を開ける必要があります。
その部分の処理が十分でなく穴を開けた部分から雨水が入り
その後にヒビ割れて雨漏りを起こしてしまうことがあります。
③窓枠や窓周り
窓付近から雨漏りを起こしてしまう場合は、取り付けている部分の窓枠と壁の部分に
隙間やヒビ割れが生じてしまい、その箇所から雨水が浸入していると考えられます。
生じたヒビ割れ・隙間の開口部にしっかりと防水処理を行えば雨漏りは起こらなくなるでしょう。
外壁となっているものにモルタルがありますが
モルタルの場合、特に経年劣化・乾燥収縮が原因となりヒビ割れしてしまうことがあります。
しかしヒビ割れてしまったからといって、雨漏りに繋がるワケではないです。
ヒビ割れの亀裂部分の幅が2mm以上の場合にはモルタル外壁部分でなく
内部にまでヒビ割れの影響を受けて雨漏りの原因となることがあるので注意しましょう。
サイディングやタイルなども繋ぎ目の劣化や素材自体の劣化でヒビ割れて
雨漏りに繋がることがあるので注意しましょう。
モルタル面の塗装は約8~10年で劣化が始まり
サイディングに関しては窯業系のものは約7~8年で
木質系約10年~・金属系約10~15年・樹脂系約10~15年とされています。
タイルは40年ほど持ちますが、これはあくまでも目安で建物が置かれている環境などによって異なります。
外壁の施工の仕方よって経年劣化はどうしても避けられないものなのです。
今回は外壁がヒビ割れを起こしてしまいやうし箇所についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
壁のヒビ割れの状態によっては雨漏りを起こしてしまうので
雨の後にはヒビ割れしている箇所から雨漏りが起こっていないかを確認してみましょう('ω')ノ

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552