オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

庭に屋根を取り付けるメリットとデメリット


庭
庭にスペースがあるのに活用していない方、勿体ないですよ(; ・`д・´)
日当たりが良く風通しもいい庭には、屋根を付ければ生活に便利な空間へと変わります。
庭に屋根を付けるメリットとデメリットを知り、検討してみてください!!
庭を有効利用して、より暮らしやすいマイホームを目指しましょう。
●生活スペースが増える
今まで植栽としての庭にしか活用されていなかった場所が、屋根を付けることで
テラスや物置などの便利な生活スペースとして生まれ変わります。
●雨除けとして活用できる
サンルームなどの大きな屋根を付けると、突然降ってきた雨でも洗濯物を慌てて取り込む心配がなくなります。
小雨であれば外側に干せるので、室内の湿気対策として役に立つことでしょう。
●室内の日よけになる
部屋の床に直射日光があたる割合が減り、夏場の部屋の温度上昇を和らげてくれます。
エアコンの効きも良くなって電気代の節約にもなります。
●室内の日当たりが悪くなる
夏は避けられて嬉しい日差しも、冬は恋しくなるものです。
屋根があることで以前よりも部屋が寒いと感じてしまうかもしれません。
●破損する可能性がある
台風や突風で屋根の一部が破損してしまう可能性があります。
●増税になることがある
庭に屋根を付けると、その範囲によっては延べ床面積とみなされて税金が増えてしまう恐れがあります。
不安を感じられた方は、一度建築士に相談してみましょう。
今回は庭に屋根を付けるメリットとデメリットをお伝えしましたが、いかがでしたか?
庭に屋根をつけるだけで色々なメリットがあるのですが、デメリットもあります(;´Д`)
どちらもしっかりと把握して屋根を付けるかどうかを決めましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552