オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

やめたほうがいい雨漏りの応急処置とはどのようなもの?


修理
最近はDIYで何でもチャレンジする方が増え、どのようなものでもホームセンターなどで
簡単に手に入れることができるようになりました(*´ω`*)
雨漏りを見つけてDIYでの修理を使用としている方、本当に大丈夫ですか?
間違った方法で修理をしてしまうと雨漏りが酷くなってしまうことになります。
今回はやめた方がいい雨漏りの応急処置についてお伝えします!!
●被害箇所の特定ができないままシーリングを使用する
シーリングとは、防水性や気密性をのために建物の隙間を専用の充填材で塞ぐことを指します。
ホームセンターで簡単に手に入れることができるようになりました。
しかし間違った場所をシーリングで埋めてしまうと、雨水の経路が変わってしまう可能性があります。
適切でない場所に施してしまい雨漏りが酷くなったケースが多くあるのでオススメはしません!!
雨漏りの箇所を塞いだだけでは雨の通り道が変わってしまい
また別の場所から雨漏りを起こしてしまう可能性がグンと高くなってしまいます。
防水テープであれば剥がすことができますが、シーリングの場合はそうはいきません!!
シーリングまみれになったりして景観もわるくなってしまうということも考えられるため
シーリングを使用した応急処置はやめておきましょう。
●DIYでの釘打ち
決して自分で釘打ちをしようとしないでください。
屋根の上は危険を伴います!!
また、釘打ちの力加減を間違ってしまうと屋根に穴を開けてしまうかもしれません。
その穴から雨水が漏れてしまい、雨漏りの原因を増やしてしまう‥なんてことも考えられます。
二次被害に繋がる結果にもなるため、その場合は更に高額な費用がかかることでしょう。
費用を抑えるためにも絶対に釘打ちは行わないようにしましょう。
やってはいけない応急処置についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
簡単そうだからとDIYで修繕をしようとする方は多くいらっしゃいますが
間違ってしまうと雨漏りが再発してしまい、建物に大きな影響を与えて
余計な費用が掛かる結果に繋がってしまうでしょう(;´Д`)
このような事態にならないためにも業者に修繕を依頼するようにしてください!!

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552