オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

天窓からの雨漏りの原因で最も多いのは「劣化」!!


天窓
天窓を取りつけている家にお住いの方は、突然の雨で水滴が落ちてきたり
窓付近のクロスが剥がれてきたりでどうすれば良いのだろうとお困りの方はいらっしゃいませんか?
玄関・壁窓の不具合なら原因を確認したり、自分で修理できそうと考えてしまうのですが
天窓となると確認することが難しいです(;´Д`)
今回は天窓についてのあれこれをお伝えしたいと思います。
天窓の耐用年数は‥約25~30年とされています。
意外と「知らなかった( ゚Д゚)」という声が聞こえてきそうですね。
しかし、その年数が経つと天窓だけでなく屋根との接合部分の防水層も劣化しているので
雨漏りのリスクはどんどん高くなる一方でしょう。
天窓からの雨漏り修理で依頼れる原因で最も多いのが”耐用年数を過ぎた劣化によるもの”になります。
その次に、ガラス周りのゴムパッキンの劣化による雨漏りが挙げられていて
ガラス周りのゴムパッキンは10年ごとに交換が推奨されています。
設置から10年過ぎている天窓の場合、ゴムパッキンを交換することで雨漏りが止まることが多いです。
●耐用年数が過ぎた天窓はどうすればいいの?
耐用年数を過ぎた天窓は「交換」「撤去」のどちらかになりますが
数年で住み替えを検討されているという方は、応急処置という方法で雨漏りをやり過ごすという方もいます。
雨漏りを起こしている際は、その旨を業者に伝えるようにしましょう。
寿命を迎えた天窓に関しては費用が20~50万円かかってくるので計画的に進めましょう。
天窓は屋根に設置されているものなので、紫外線・雨・風に晒されているため劣化は進行します。
屋根の葺き替えが防水シートの耐用年数に合わせ約30年ほどで迎えてしまうため
同じタイミングで天窓を新しいものに交換するということを計画に入れてみてはいかがでしょうか?
メンテナンスサイクルを合わせることで個別にやるよりは、コストを抑えることができるでしょう。
天窓の交換にかかる費用の目安は40~50万円ほどです。
天窓交換をするには、周辺の屋根材を剥がして防水処理も行う必要もあるため
先ほどお伝えした屋根の葺き替えと同時に行うようにしましょう。
また、葺き替えを機に天窓を撤去して塞ぐという方法もあります!!
撤去して塞ぐ場合の費用目安は20万円~とされています。
建築基準法では、一般の窓に比べると天窓から入る光の効果は3倍と規定されているようです。
塞いでしまうとこの効果がなくなってしまうため、できれば交換をオススメします(^^)
今回は天窓についてのあれこれを紹介しましたが、いかがでしたか?
天窓があるという方は、一度屋根全体の点検を行いましょう。
雨漏りが起こってからだと、費用も高額になってしまいます‥。
少しでも費用を抑えるためにも早めのメンテナンスが重要と言えるのです!!

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552