オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ペットが火災の原因になることがある!?


猫
火災は思いもよらないことから発生することがあります(;´Д`)
まさか!と思うようなことからでも発生することがあるので、日頃から注意しておく必要があります。
ペットや小動物や虫などが原因で火災が起こってしまうことがあるので
ペットを飼われていて共に生活をしているという方は要注意です。
今回はペットが原因で火災が起こる危険性についてお伝えしたいと思います。
ペットが引き起こす火災については、一般的な火災と比べると低いと思いますが
年間を通して約4件ほど発生しています。
そのため、身近に起こりうるべきと用心する必要があるでしょう(; ・`д・´)
どのようにしてペットが火災を引き起こすのか3つの例を挙げてみます。
●スイッチ式のガスコンロのスイッチを押して発火
●洗濯機の電源接続部におしっこをかけて漏電して発火
●冷蔵庫の電源コードをかじりショートさせ発火
ペットを飼われているご家庭では、このような問題が起こりうるのも頷けるのでは?
ペットを飼っていなくても、ネズミなどの小動物・虫が原因となって発火することがあります。
例を挙げると‥
●エアコン内に虫が浸入したことで電気部分がトラッキングを起こして火災
●ネズミが電化製品の電源コードをかじり断線させたことでショートし火災
このようにいくつもの火災がペット以外での動物によって引き起こされています。
ペットを飼っていないから安心‥というわけにはいかないようですね( ゚Д゚)
●外出する際はペットをケージに入れる
●ペットがキッチンに入ることができないようにキッチンを囲う
●ガスコンロやIH調理器のスイッチが入らないようにロックをかける
●電化製品の周りに燃えやすいものを置かない
●使用しないときはガスの元栓を閉める
●電化製品はプラグから抜く
●小動物や害虫が浸入してこないように日頃から清潔に保つ
以上のことが火災を防ぐ対策になります!!
外出する際は、面倒にも思いますが電化製品のプラグを抜くようにしましょう。
プラグを抜くだけで火災が発生する危険性を低くすることができます。
ペットが火災の原因になるということについてお伝えしましたが、いかがでしたか?
まさか!と思いもよらない火災が発生することがあるので
この記事を機会に火災保険を見直されてみてはいかがでしょうか(^^)

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552