オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

浸水に強いガレージにしよう!!


浸水
近年、日本では多くの自然災害が発生しています。
ここ数年では台風や集中豪雨による水害が本当に多く起こっています(;´Д`)
大切な家はもちろんのこと車も浸水・冠水したり、濁流に流されてしまっているのを
テレビで見ることが多くなってきています。
車を水害による被害から守る方法はあるのでしょうか?
通常のガレージでも対策をすれば水害から守ることができるのではないかと
思われている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、ガレージのシャッターを閉め切り土のうを積み上げても
浸水を完全に防ぐことはできません( ゚Д゚)
ナゼなら水は、ほんの少しの隙間からでも浸入してしまうからです。
車を水害から守る方法としては”浸水・冠水対策が施されたガレージ”に入れておくことが
被害を最小限に抑えることができるとされています。
シャッターやガレージを製造するメーカーは
水害から車を守るシャッターやガレージを販売しています。
止水能力が非常に高いので浸水を防止するには、一番効果が規定できそうです。
※止水できる水位に限度があるので注意が必要
シャッターやガレージを変えてまで浸水対策ができないこともあるでしょう。
このような場合、土のうや水のうの代わりに「止水シート・止水板」を設置することで
ガレージへの浸水を防止することができます。
浸水対策としては土のうや水のうよりも止水効果があり、軽量で設置にもそれほど時間はかかりません。
しかし、浸水防止用のシャッターやガレージと同じく止水できる水位に限度があります。
また、事前に大規模の被害予想などが出ている場合は各自治体が発表している
ハザードマップ・気象情報を活用することで、止水対策でなく車を他の場所に移動する決断も必要になります。
あちこちで水害被害が多発していることから、水害に対して研究や開発が日々行われています。
駐車場を含めた都市全体で水害対策をする「ポップアップガレージ」と呼ばれる
アイデアを提案している国も出てきているようです(*´ω`*)
自然災害はいつ起こるかわかりません!!
「この地域は大丈夫!」と言い切れなくなってきているので、水害対策について考えましょう。
大切な家・車を守るためにも水害対策をきちんと行いましょう!!

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552