オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

耐震リフォームのときに考えるポイントはなに?


家
近年日本では大きな地震がよく発生します。
そのため大切なマイホームの耐震性について考える方が増えてきています。
耐震性について考える際、どのようなことをに注目すればいいのかご存知でしょうか?
ポイントして挙げられていることは屋根・柱・基礎・壁になります。
今回はこれらの補修工事のポイントについてお伝えしたいと思います(*´ω`*)
1.屋根
屋根の重量によっては地震時の揺れが増幅したり、屋根材などが落下したりする危険性があります。
ココでポイントなるのが軽量化です!!
重量が軽く割れや落下の危険性が少ない屋根材にすることで
地震が起こった際の被害を抑えることができるとされています。
2.柱
一般的な木造住宅の場合、柱の補強はとても重要とされています。
柱と土台・柱と梁を繋ぐ部分を金具で補強します。
湿気による腐食やシロアリ被害があればその部分を取り除き新しい木材で継ぎ金具で固定します。
3.基礎
1981年の新耐震基準以前に建てられた住まいの中には弱い基礎のままの住まいがあるとの懸念があります。
このような場合は、鉄筋入りのコンクリートによる補強などの検討が必要になることがあります。
他にも地盤がゆるい場合は、地盤の改良や建物の下への杭打ちが必要になってきます。
4.壁
日本の一般的な戸建て住宅に多い在来工法は、横揺れに弱いとされています。
補強策として構造用合板を柱や土台に打ち付けるなどの対策をすることがあります。
また、柱と梁の間に筋交いを入れて補強するという工法もあります。
地震が起こった際、屋根材によって全体の揺れ方が大きく変わってきます。
なぜかと言うと‥屋根の重さによって重心の位置が変わって来るからです(; ・`д・´)
屋根は建物の一番上に乗っているもののため、重いと重心の位置は高くなってしまいます。
重心が高ければ不安定になり、地震の際の揺れ幅は大きくなってしまうでしょう。
そして更に建物の先端に遠心力が働くので、本来の重さよりも何倍もの力が加わります。
屋根が重たければ重たいほど屋根材の落下や建物の倒壊リスクが高くなってしまうのです。
しかし屋根が軽量であれば重心は下がり地面に近くなることで
安定感を得ることができ地震の揺れも小さく伝わります。
屋根の耐震性を高めるのであれば丈夫で軽い屋根材へ替えることが重要なポイントとなるでしょう!!
日本は地震が多い国のため耐震補強の必要性を考えなくてはなりません。
しかし、耐震補強リフォームを検討される方はまだまだ少ないです(;´Д`)
いつ大きな地震が起こるかわからないため一度耐震診断を受けてみませんか?
必要に応じた耐震リフォームを行いましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552