オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防犯のために設置したい門扉~防犯性の高い門扉とは?


門扉
門扉は住まいの顔であるのと同時に、空き巣が浸入してくるポイントでもあります。
そのためデザインだけでなく防犯対策をしっかりと行うことが大切です('ω')ノ
今回は防犯対策について考えた門扉についてを紹介したいと思います。
大切な住まいと家族を守るためにも防犯について考えましょう。
防犯性が高い門扉にはいくつかの条件があります。
窓や玄関など外からしっかりと見えている場合は、侵入しているところを目撃される
可能性が高くなるため空き巣はその住まいに侵入することを諦めることが多いです。
周りから見やすいというだけでなく
敷地内が浸入・脱出に手間取るような構造になっている必要があります。
その理由は、侵入や脱出に手間取っている間に目撃され通報される恐れがあるからです。
このことからわかるように防犯性の高い門扉は
●周りからの見通しの良さ
●浸入と脱出の難しさ
以上の2点を兼ね備えた門扉が防犯性の高いものだと言えるでしょう!!
★電気錠機能
門扉の防犯機能を高めるためには電気錠機能がオススメになります。
電気錠は通常の鍵と違い、ピッキングで解錠することができません。
専用カード・ステッカーなどで開閉することができて、スマートフォンを鍵にすることも可能です。
侵入するには門扉を乗り越える必要があるので、侵入を諦めるでしょう。
★カメラ付きインターホン機能
インターホンをカメラ付きのものにすることで、訪問者を確認することができるでしょう。
空き巣の多くは、留守を確認するためにインターホンを押すと言われています。
カメラが付いていると録画されるリスクを恐れて、狙う可能性が低くなります。
また、訪問者を確認してから玄関を開けることができるのもメリットです。
★見通しのいい門扉
門扉が一枚板のようになっているものもありますが、防犯の視点で考えたら最適ではありません。
できるだけスリット状になっていて、門扉の内側が見えるものを選びましょう。
特に門扉の先に玄関がある場合は玄関からの侵入を防ぐためにも
門扉の外から玄関が見えるタイプのものを選ぶようにしましょう。
★郵便受け
郵便物が盗まれてしまうこともあるので、門扉に郵便受けを取り付ける際は必ず鍵を取りつけましょう。
郵便受けに郵便物が溜まっていると空き巣に狙われる可能性が高くなるので注意しましょう。
容量が大きい郵便受けにしたりするなど対策を考えましょう。
門扉のデザインにこだわりたい気持ちはわかりますが、空き巣が浸入してくるポイントもあるので
しっかりと防犯対策を行うようにしましょう。
今回お伝えした防犯を考えた門扉の機能を参考にして
「防犯を意識した住まい」であるということを伝えることが重要となります(*´ω`*)


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552