オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

コーキングで補修可能な雨漏りってどんなもの?


雨漏り
雨漏りは経年劣化によって生じることも珍しくありません(;´Д`)
雨漏りを放置しているとカビやコケが発生して、健康被害をもたらすこともあり危険です。
雨漏りが発生する原因はたくさんあり、対処法もケースバイケースになっているので
コーキングで雨漏りを防ぐこともできるんです!!
しかし、コーキングで雨漏りの補修ができるものもあれば一時的な補修にしかならないこともあります。
今回はどのような条件ならコーキングで雨漏りを防ぐことができるのかをお伝えしたいと思います。
■屋根材の小さなヒビ割れ
瓦に小さなヒビ割れが生じていて
このことが原因となり雨漏りが発生しているのならコーキングによる対処が可能です。
髪の毛の細さのヒビ割れのことを”ヘアークラック”といい
太さも長さもあるヒビ割れのことを”構造クラック”といいます。
構造クラックになってしまうと、一時的な対処にしかならないことが多く
雨漏りの根本的な解決にはなりません。
■外壁材の小さなヒビ割れ
屋根材と同じで、小さなヒビ割れであればコーキングで補修することができます。
ヒビ割れの症状が進行してしまっている場合はコーキングで補修をしても
雨漏りが再発してしまう可能性が高いです。
■窓枠の隙間
窓枠に生じた隙間が原因で雨漏りを起こしている場合にも
コーキングによる補修が可能です。
サッシの隙間を埋めるだけならコーキングにより雨漏りを止めることができますが
他に雨漏りの原因があるのであればコーキング以外で対処しなければなりません。
■既存コーキングの劣化
サイディングの目地などのコーキングが劣化している場合も
コーキングをやり直すことで補修可能になります。
古いコーキングを取り除いて新しいコーキングを打つ”打ち替え”
古いコーキングの上から新しいコーキングを打つ”増し打ち”の2つの方法があります。
打ち替えは費用が少し高くなってしまいますが
増し打ちと比べると耐用年数が長くなるというメリットがあります。
コーキングは種類も用途も多様なため耐用年数はケースバイケースですが
外壁のコーキングは5~10年目を目安にメンテナンスを行う必要があるとされています。
5年経過するとヒビ割れなど劣化症状が現れるので、症状が進行してしまう前に補修するようにしましょう。
コーキングで補修可能な雨漏りの原因についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
雨漏りの原因を特定することは屋根・外壁のプロでも非常に難しいです(;´Д`)
そのためコーキングで一時的に対処できたとしても
時間が経ち再発してしまうということも多く報告されています。
まずは雨漏りを発見したら業者に連絡をして、全体の点検を行ってもらいましょう!!

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552