オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

地震の際に被害を最小限にする工夫をしよう!!


地震
1981年に新耐震基準が施工されたのですが
それ以前に建てられた木造住宅とそれ以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。
近年地震が多く発生するようになり耐震性について考えられる方が増えてきています(; ・`д・´)
住まいの耐震性について心配されている方は一度耐震診断されてみてはいかがでしょうか?
耐震補強が必要かどうかが耐震診断を受けることでわかります。
耐震リフォームを検討されるのであれば、併せて考えたいことが「減災」についてです。
減災とは災害を防ぐ防災に対して、災害があったときにできるだけ被害を減らす取り組みや工夫になります。
地震を防ぐことはできないため身の安全を守るため減災も取り入れることをオススメします。
耐震リフォームをするなら、地震の被害を小さくする工夫もしておけば安心ですね。
既に耐震補強している住まいでも減災リフォームをしていれば更に安全でしょう!!
安全に外へと避難できるように、動線を確保しておくことが重要になります。
脱出口となる玄関や窓までの動線が塞がれないように
近くの家具の転倒やガラスの飛散を防ぐことが大切なので以下の項目を参考にしてください。
①家具の転倒を防ぐ
地震の際絶対に避けたいことが家具の下敷きになってしまうことです。
下敷きにならないためにも家具の転倒を防がなければなりません!!
転倒を防止するには造り付けにすることがベストです。
造り付けでない場合は、柱や壁の桟が入っている部分にL字金具を使用してしっかりと固定しましょう。
②収納の扉や引き出しに注意する
扉は引き戸にすることで地震に揺れで扉が開いて中の物が飛び出す恐れがなくなります。
引き戸にできない際は開き戸にラッチをして、引き出しには飛び出し防止器具を取り付けましょう。
③照明器具の落下を防ぐ
照明器具は天井から吊り下げるペンダントタイプのものよりも
ダウンライトなど直接天井に取り付けるタイプの方が落下する危険性が低くなり安全です。
ペンダントタイプの照明にはケーブルやワイヤーを使用して補強しましょう。
④ガラスの飛散を防ぐ
割れたガラスでケガをしてしまうことのないように
窓ガラスや食器棚のガラス部分には飛散防止フィルムを貼りましょう。
自分の身と大切な家族の安全を守るためには、耐震補強と減災のための取り組みが重要です!!
いつ地震が起こるかはわかりません(;´Д`)
まずは耐震診断を受けて、適した補強工事を行いましょう。
そして今回お伝えした減災のための工夫を行うようにしましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552