オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

シンボルツリーは木の特徴を知り植えるようにしよう。


シンボルツリー
前回、シンボルツリーとはどのようなものかをお伝えしましたがご覧いただけましたか?
まだご覧になられていない方は今回の記事と併せてご覧ください。
今回はシンボルツリーを選ぶ際の注意点をお伝えしたいと思います(^^)
木にもそれぞれ個性があるので特徴を知り、庭と相性のいい木を選びましょう。
あまり広くない庭に高い木を植えてしまうと日照が少なくなってしまったり
圧迫感を感じてしまうことがあるので低い木を植えるようにしましょう。
●アジサイ
梅雨のときに咲く花として知られるアジサイ。
丈夫なので乾燥しないように注意していれば然りと育ってくれます。
種類や色がたくさんあるので好みのものを選びましょう。
冬は枯れ木のようになってしまいますが、根っこは息をしているので春になれば元気さを取り戻します。
●ナンテン
常緑・半常緑性の低木です。
丈夫で栽培しやすく狭い場所であっても育ってくれます。
濃い緑色の葉っぱと鮮やかな赤い実のコントラストもキレイです。
ナンテンは昔から”難を転じて福となす”の難転とも通じるので縁起がいいとされています。
●ユキヤナギ
低木で枝が長いことが特徴です。
春は垂れた枝先に小さな白い花をいっぱい咲かせます。
暑さ・寒さに強く育てやすい木です。
日当たりのいい場所を好むので日当たりのいい場所に植えてあげましょう。
シンボルツリーの代表格となるのは、やはり高木ですよね♪♪
常緑樹は落葉しないので庭の手入れが楽です。
また、冬でも緑を楽しむことができます。
●シマトネリコ
涼しげな印象を与えるシマトネリコは5~6月にかけて白い小さな花を咲かせます。
立ち姿のバランスがいいので、小さくても見栄えがいいです。
冬は少しだけ葉っぱを落とすことがあり、寒さも少しだけ苦手な木です。
●オリーブ
秋は実がなるので、オリーブ漬けやオリーブオイルを作ることができます。
1本だけでは実をつけにくいとされているので、2種類以上の品種を近くに植えるようにしましょう。
5~6月は花を楽しむことができ、キレイな銀葉もオリーブの魅力です。
乾燥に強くやせた土地でも育ってくれます。
●ヤマモモ
赤くかわいらしい実をつけます。
しかし果実を実らせたい場合は雄株・雌株両方が必要になってきます。
葉っぱもしっかりと茂るので重圧感があり、10m以上にまで成長することも‥。
小さい庭には不向きですが、広い庭であればキレイに映えることでしょう。
落葉樹は冬になると葉っぱを落とします。
そのため掃除の手間はかかってしまいますが、季節の移り変わりを感じられるのではないでしょうか。
●サルスベリ
別名”百日紅(ひゃくじつこう)”と言い、開花期が長いことが特徴で
7~10月にかけて花が咲き続けます。
濃い紅色の花が多く盛夏から残暑の日差しに負けないくらい存在感を発揮します。
冬に葉っぱが落ち同時に幹があらわになるのですが、幹肌のツヤは見所です。
●ヒメシャラ
6~7月にツバキに似た花を咲かせます。
夏の若葉は青空との相性が良く爽やかな印象を与え、幹肌に赤褐色の模様があることが人気がある理由です。
柔らかな外観の木なので、様々なタイプの住まいに溶け込みやすいです。
また、ゆっくりと成長するので家族の歩みとともに大きくなるでしょう。
寒さ・乾燥に弱いので、植える際は専門家に相談することをオススメします。
●カエデ
カエデの特徴はなんといっても美しい紅葉です!!
赤・黄・橙・褐色など多彩な色彩を目にすることができます。
紅葉の他にも4~5月に花が咲き、夏には新緑の葉っぱを楽しむことも魅力の一つです。
育てやすい木ですが暑さに少し弱いので注意しましょう。
たくさんの木があるので、どの木を植えようかなと迷ってしまいますよね。
そんなときは庭の立地から種類を絞ってみてはいかがでしょうか。
植える場所を先に決め、その場所の日照状況・スペースに合わせて選んでみましょう。
また、目的から決める方法もあります。
目隠しを目的とする場合や自然を感じる目的などです。
今回お伝えした木の特徴を参考にして、適した木を植えてみてください(*^^*)

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552