オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

便利をプラスした住まいを目指して‥サービスルームとは?


便利
住まいの間取りを調べていると”4LDK+S””S”がプラスされた間取りを見たことはありませんか?
見慣れない方も多くいらっしゃるかと思いますが”S”はサービスルームと呼ばれる部屋を指しています。
サービスルームにはいくつかの制約があるものの使い方次第では便利に活用することができるんです!!
今回は便利をプラスした住まいを目指すために取り入れるサービスルームについてお伝えしたいと思います。
サービスルームとは日当たりなどの採光が不足していて
居室としては認めれていない部屋のことを指します。
間取りの表記は【4LDK+S】【4SLDK】などと記載されます。
居室と扱われないので一般的な部屋とは少し異なる特徴を持っているんです( ゚Д゚)!!
建築基準法において居室は、窓などの開口部の大きさが床面積の7分の1以上なければなりません。
また、換気に必要とされる開口部が床面積の20分の1以上が必要だと定められています。
サービスルームはこの2つの条件を満たしていないことから一般的な居室とは区別されているのです。
あまり広さは関係ないですが、窓が少ないことから大きな空間を作ることは難しいでしょう。
日本家屋にある納戸もサービスルームと同じ意味であるとされています。
納戸にも窓が設けられておらず、部屋と部屋の間に生まれた空間を
新たに部屋として利用するためにつくられています。
納戸には採光がないので常に過ごす部屋として使用するには向いていません。
メリットは?
まずメリットとして挙げられていることがコスト面です。
マンションの場合一般的にサービスルームは
部屋数にカウントされないのでお得に購入できることがあります。
一戸建て住宅の場合は、固定資産税の面でのメリットが期待することができます。
天井高1.4m以上のサービスルームの場合
一定の基準以下の広さであれば固定資産税の対象にはなりません!!
このメリットを活かしてサービスルームを収納専用の部屋として設けると
固定資産税を抑えながら実用性の高い住まいにすることができるでしょう。
快適さを確保するための居室と違い収納の部屋としてであれば
壁紙・床材にこだわりを持たなくてもいいので建築コストの削減にもつながるでしょう。
デメリットは?
では、デメリットで挙げられていることはどのようなことがあるのでしょうか。
先ほどもお伝えしましたが、サービスルームは建築基準法上では居室としては認めらていません!!
設計段階で居室のような設備を設けてしまうと、行政指導を受ける場合があります。
そのためサービスルームには電話回線・エアコン設置専用のコンセントやダクトが設けられません。
しかし、隣の部屋からコンセントを引き込むことができれば電力を確保することができるでしょう。
今回はサービスルームについてお伝えしましたが、いかがでしたか?
サービスルームの使い方をイメージしながら、設計段階で業者に相談してみましょう(*´ω`*)
通常の居室とは異なり、制約があるからこそ利用目的を絞った使い方ができるのでは?
住まいをもっと便利にするためにサービスルームを検討されてみてはいかがでしょうか♪♪

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552