オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の下葺き材のルーフィングとは?


屋根は家を守ってくれています。
その屋根の下には、表からは見えないけどすごく重要な役割をしている
ルーフィング(防水シート)と呼ばれている建材があります。
今回はそのルーフィングについて紹介したいと思います('ω')ノ

写真は草津市にて葺き替え工事を施工した際のルーフィングの状態です。
ルーフィング
【ルーフィングとは?】
ルーフィングとは屋根材の下に敷く防水シートのことです。
(屋根下葺き材ともいわれています)
屋根材の下に隠れてしまうので全く目にすることがありません。
そのためなかなか劣化具合に気づきにくく、気づくころは
雨漏りなどの被害がでてからということが多くみられます(*_*)

【ルーフィングの役割】
雨が降ってくるとほとんどの雨水が瓦やスレートなどの屋根材の上を
流れていきますが、少しの隙間があればそこから雨水は侵入してきます。
その侵入してきた雨水を屋根内に入れないように塞ぎ止めてくれてくれています。
普段見ることはありませんが、実は屋根材以上にとても重要な建材なのです。
例えば、瓦が割れてしまったりスレートが傷ついたとしても
雨漏りに至ることはほとんどありません。
それはルーフィングがしっかりと役割を果たしており
雨水から建物を守ってくれてくれているからです!!

【まとめ】
ルーフィングは大切な家を、屋根材と共に守ってくれています。
しかし屋根は層をなした構造になっていて
屋根材や、その下のルーフィングのことは簡単に確認できません。
だからこそ専門の業者さんに点検をしてもらい
屋根の状態確認を行うことをお勧めします。



≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫では無料点検・見積もりを行っています。
お気軽にお問合せください♪



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552