オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

天窓について


屋根に取り付けられたトップライトと呼ばれている天窓。
部屋の中に光を取り込む、快適に過ごすための換気などの目的としてはもちろんのこと
オシャレとして取り付けをしたりと様々です。

どんなものにも必ずメリット・デメリットは存在します。
今回は天窓について紹介したいと思います(^^)

天窓
天窓のメリットとは・・・
①採光性が優れている
天窓の一番のメリットは、やはり部屋を明るくすることができる
採光性に優れていることです!!
通常の壁面の窓に比べ、約3倍の採光効果があるといわれています。
周りを建物に囲まれている都内の狭小地では、光を取り込むことが難しいのですが
天窓を設ければ上から光を取り込んでくれるので明るさを確保できます。
②通気性が優れている
次に風通しの良さ、通気性です。
家の中に風の通り道をつくることは、空気の入れ替えの効率を上げて
快適な住まいとするためにとても重要です。
暖かい空気は上に向かう性質があり、天窓と壁面の窓を開けることで非常に風通しがよくなります。
③開放感がある
近隣の窓と向き合っていることが多く、周囲の視線が気になることもあります。
天窓を設けることで視線は気にならずに開放感を得られることも
メリットのひとつであるといえます。

天窓のデメリットとは・・・
①暑い
よく挙げられているデメリットは、ズバリ!暑いということ。
採光ができるということは、夏場は直射日光をうけるので室温が上昇します。
遮熱性の高いガラスを使用すれば解決しますが、そうでない場合は冷房効率が落ちます。
②防音性が低い
大雨のときや台風のときなど
窓に雨が打ちつけられ、あまりのうるささに不快になる可能性があります。
③雨漏りのリスクがある
天窓のサッシ部分から雨漏りを起こしてしまうこともあります。
しっかりと施工されていれば雨漏りは起こりませんが
経年劣化によってサッシ周りから雨漏りする可能性が高くなります。
④メンテナンス
雨漏りのリスクがあるので定期的なメンテナンスが必要になってきます。
また、屋根に取り付けられた窓なので掃除するのが難しいので
清掃にしても業者さんに依頼する必要があります。

このようなメリット・デメリットがあります。
屋根から光をとる天窓は、デメリットが注目されることが多いため敬遠されがちですが
しかし対策されてきておりデメリットによる影響は小さくなってきています。
天窓を上手に使うことで採光や通気性が良くなり、開放感のある空間をつくることが可能です。


屋根のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫にお任せください♪♪


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552