オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

知ってますか?屋根散水


夏になると、住宅の玄関で水をまく人を見かけます。
これは昔から行われており、気化熱を利用して涼をとるという暑さ対策です。
※気化熱とは・・・液体が蒸発して気体になるときに周囲の熱を奪っていくこと
この気化熱効果を利用して、室内の温度を下げるために
屋根に打ち水を行うことを屋根散水といいます。
今回は、屋根散水について紹介したいと思います(^^)




屋根散水
●打ち水とは●
まず初めに、屋根散水のもととなった打ち水の紹介です。
暑い日が続くとどうしてもエアコンに頼ってしまいますよね。
しかし近年、エコの観点から再び打ち水が注目を集めているんです!!
打ち水をしたところ・していない所とでは
「水の蒸発圧」というのが発生するので少しですが空気の流れができます。
この効果によって涼しいと感じるのです。


●屋根散水について●
室内の温度の上昇は、直射日光があたった屋根・外壁からの熱が伝わっているのが原因といわれています。
こうした室内温度の上昇を防ぐために屋根に打ち水を行うことが屋根散水といいます。

効果
室内にいても熱中症に倒れてしまうとよく耳にするようになりました。
この原因の多くは、室内温度の上昇にあります。
特に工場などは熱のこもりやすい鉄製の屋根や外壁が多く屋根散水での温度変化に期待されています。
工場だけでなく、牛・豚・鶏などを飼育している畜舎でも期待大です。
実際に屋根散水によって室内温度が2~4度下がることが確認されていることから
このわずかな温度差が熱中症対策にはとても重要とされています。

屋根散水の方法
①ホース
一番簡単な方法で屋根に向かって水をまくだけですが、難しいですよね。
この方法では定期的に屋根散水を行うのは大変です。
②ポンプ
自動的にスプリンクラーが散水しているのを目にしたことありませんか?
あの原理で、散水用のポンプを設置し
穴をあけた塩ビ管やスプリンクラーを利用して屋根に散水する方法です。
③工事用散水システムの導入
工場などの大規模な屋根散水システムであればコンピューター制御によって
少ない水量で効果的な散水ができ、省エネと快適な室温が期待できます。

●まとめ●
昔から続く打ち水にはちゃんと理由と効果がありました。
これを機に今年の夏は、打ち水をしてみてください!!
きっと涼を感じてもらえるはずです('ω')ノ
屋根や外壁からの温度を下げる方法は、散水の他に塗り替えという方法もあります。
最近では遮熱・断熱に優れた塗料が開発され益々快適に過ごせるようになってきています。
あまりにも暑い場合は、塗り替えを行うことを検討してみてくださいね。




≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫では
無料点検・無料見積もりを行っています。
屋根で何か困り事があればお気軽にお問合せください♪♪




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552