オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

笠木について学ぶ


笠木という言葉を聞いたことありますか?
塀や腰壁の上部に施す仕上げ材を「笠木(かさぎ)」といいます。
住宅や、その他の建築物で一番身近に感じられる笠木は
階段の手すり上部にかぶせる仕上げ材でしょう(^^)
建材を守る役割だけでなく、機能性やデザイン面でも重要となります。
今回は、笠木について学びましょう。
笠木
笠木は様々な形状がある
住宅や建築物で見る笠木ですが、その他の建造物でも見ることができます
例えば、神社の鳥居もそう!!
一番高い位置にある木製や金属製の傘のような形状をしたものも笠木です
階段の手すりに取り付ける笠木は一番身近で、実際に手に触れるものなので
機能も求められてきます
次に身近に感じてもらえるものは、ベランダやバルコニーです
ベランダやバルコニーの壁最上部にかぶせる金属製のものも笠木になります

デザインの役割をもつ笠木
デザインとして笠木の代表的なものは敷地を取り囲む塀に取り付けるものになります
ブロック塀だと物足りなく、寂しい感じになりますが
レンガを積んでみたり機能性を持たせるためにアルミ製の笠木を取り付けたりします
取り付けることによって差し色となり、デザイン性が上がります

笠木の機能
階段の手すりに取り付ける笠木は、掴みやすいことや
ある程度手の滑りやすさがいいことが求められてきます
手に直接触れる部分であることから、ささくれたりしない木材を使用します
そしてベランダやバルコニー、屋上の立ち上がり部分
外壁の壁に求められるものは、防水性です
この笠木により水平になった部分から雨水が浸入することを
防ぐのが大切な役割となってきます
また、金属製の笠木も多く使われています
雨染み・雨ダレの跡をつけないためにも、ベランダに取り付けた笠木を
ベランダ内に向けて傾斜をつけることで、外壁に落ちなくなります
こういった小さな工夫により、外観を美しく保つことができるのです

家を守り、外観を美しく保つためにも重要となる笠木は
大きな役割をはたしてくれています('ω')ノ








屋根のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫にお任せを。
お気軽にお問い合わせください♪♪
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552