オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ベランダ床の防水方法について


以前、ベランダ床のヒビ割れについて紹介しました。
今回は前回お伝えできていなかった
ベランダ床の防水方法について紹介したいと思います('ω')ノ
防水
ベランダ防水はどの方法がいいの?
ヒビ割れ対策で重要なことは、今の防水がどのような
方法になっているのかを確認しましょう。
ベランダの防水方法は主に3つあるので1つづつ見ていきましょう。

ウレタン防水
ウレタン塗料を2層塗り、最後にトップコートで保護膜を作る
以前は最も盛んに施工されていた防水方法で安価
乾燥に少し時間がかかる
耐用年数は約10年~13年とされている
FRP防水
ポリエステル樹脂塗料を補強材として
ガラス繊維のシートを挟み込むようにして施工していく
硬さがあり耐久性に優れている
軽量で乾燥時間が短く作業効率が良いとされている
紫外線に弱いのでトップコートのヒビ割れ・剥がれには注意が必要
耐用年数は約10年~13年とされている
シート防水
ゴム・ビニール系のシートを敷き詰める
複雑な形のベランダには施工しにくい
上記で紹介したウレタンやFRPは継ぎ目がほぼナイのに対し
シート防水は一定の間隔で継ぎ目がある
そのため継ぎ目や折れ目部分から漏水が起こりやすい
シートが下地から剥離して浮いているようであれば早急に対処が必要になる
耐用年数は約13年~15年とされている

ベランダの工事を行うのであれば
併せて、ベランダの立ち上がり壁の笠木や手すりのサビ止め金具の塗装
サッシ枠のシーリングの打ち直しも一緒に行うと良いでしょう。
是非検討してみてください(^^)








屋根のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫にお任せを。
お気軽にお問い合わせください♪♪
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552