オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根修理を火災保険で~申請する際に注意することとは?


屋根修理を火災保険で行うにあたって色々と紹介してきました。
今回紹介したいことは、火災保険を申請する際の注意点についてです(^^)
明らかに保険適用内の損害がある場合でも
保険金申請のポイントを押さえておかないと保険金の受け取りができないこともあります。

カタログ
↓ ↓火災保険を申請する際には以下のことを必ずチェックしましょう↓ ↓
その1 申請期間内に保険金を申請すること
どの火災保険にも、被害を受けてから申請するまでの期間が定められています
申請期間が過ぎてしまうと保険金が下りなくなってしまうので
必ず保険証書で申請期間を確認しておきましょう
※一般的な申請期間は被害を受けて2年~3年とされています
その2 施工業者のミスによる被害でないこと
屋根修理を行い、すぐまた同じトラブルが発生してしまった場合は
「風災」などの被害を受けたワケではないので保険金は下りません
工事費は自己負担あるいは施工業者の負担となります
その3 自己負担金や補償代金の最低額が決まっていないか
火災保険によっては
保険金を受け取るときに自己負担金が設定されていることがあります
屋根修理工事の見積額が、自己負担金以下のときは
保険金の受け取りができないこともあります
また補償代金の最低額が決められているタイプの火災保険も存在します
例えば最低額が30万円と決められている場合、見積額が30万円以下なら
保険金は一切受け取れません
屋根修理業者に見積もりを依頼する前に保険の規定を確認しておきましょう

いつ屋根にトラブルが発生するかわかりません。
屋根は住宅にとってとても大切な部分ですので
すぐに対応できるように、保険証書を確認し備えておきましょう('ω')ノ






お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫にお任せを。
お気軽にお問い合わせください♪♪




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552