オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁や屋根にコケが発生するメカニズム


築10年ほど経つと外壁や屋根のコケが目に付くようになります(*_*)
コケは美観を損ねるだけでなく
家の健康状態にも影響を及ぼしてしまいます。
今回はコケが発生するメカニズムについて紹介したいと思います。
コケ
コケは何故できるの?
コケは一体どこからやってきて、どのように繁殖するのでしょうか。
コケの発生は、風に飛ばされた胞子が外壁や屋根に付着することで発生します!!
外壁や屋根に付着すると、湿気を吸収して成長します。

コケは何故増殖するの?
コケは水分や胞子などの栄養分があるとどんどん増殖していきます。
雨の影響などで湿度が高くなる箇所は増殖が早いため
劣化して防水性が低くなっている外壁や屋根はコケが増えやすくなってしまいます。

コケが発生しやすい家の特徴
1:川べりに面した家
湿気が多く、コケの増殖に適した環境になっている
2:林や森、樹木に面した家
胞子が飛んできやすく、付着する量も多い
3:日当たりの悪い家
日当たりが悪いと外壁・屋根が雨などで濡れた際に
表面が乾燥しにくく湿度が高くなりコケが増殖しやすくなる
4:風通しの悪い家
風通しが悪いと、上記と同じように
表面が乾燥しにくく湿度が高くなりコケが増殖しやすくなる

コケ発生のメカニズムについて紹介しました。
あなたのお家に、コケは発生していませんか?
「これってコケ?」「コケが目立つようになってきたな」
という方、早めにコケ除去を検討してください(・ω・)ノ






お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫にお任せを!!
お気軽にお問合せ下さい♪♪
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552