オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

外壁塗装のやり直しはできるの?


外壁塗装を行ったけれど、仕上がりに納得できないことがまれに起こってしまいます。
その理由は塗り漏れ・塗りムラ・色が思っていたのと違うなど様々あります。
このような場合は塗り直しが可能なのでしょうか?
今回は、仕上がりに納得できないときは塗り直しができるのか
この気になる点について紹介したいと思います。
外壁塗装
外壁塗装の仕上がりに納得ができなくて、塗り直しを依頼した場合
見積もり金額以上の費用が発生してしまうのか気になりますよね。
その金額は、塗り直しの理由やタイミングによって異なってきます( ゚Д゚)

業者の過失
塗り忘れ・色ムラ・剥がれ・膨らみなどの
明らかな業者側過失の場合は、過失箇所を指摘された時点で直してくれるでしょう
優良業者であれば基本的に施工内容に自信を持っているはずですので
契約を交わす際に塗り直しやアフターケアについて確認しておきましょう

思っていた色と違うなどの依頼者都合
色見本などで決めた色と、実際外壁に塗装された色がイメージと違うといった場合は
作業に入る前にカラーシミュレーションをし依頼者に確認した後
作業に入っているので、依頼者側の自己都合になり塗り直しはできません
しかし施工途中であれば追加費用を支払えば変更が可能な場合もあります

塗り直しとなった際の費用はいくらぐらい?
一般的に外壁塗装は、安い案件としても約50万円以上になるとされています
その中に人件費・足場代・材料費などが含まれています
そのため塗り直しの際は、これらの費用が必要に応じて加算されます
初期段階なら費用は安く済みますが、作業後となると費用はさらに多くなるでしょう


施工段階によっても費用は異なります
自己都合で塗り直しを行う際には、上記でお伝えした通り追加費用がかかります。
具体的な金額は、施工段階によって異なります。
下塗り前
塗装作業を行う前に高圧洗浄で壁面をキレイにする工程があります
この段階での変更の場合は、業者によって費用がかからない可能性があります
しかし使用予定の塗料が既に発注済み・キャンセルが間に合わないときは
請求されることがあるので注意が必要です
下塗り後
下塗り前と同じで、新たに必要となる塗料分の追加料金が請求される可能性があります
しかし下塗りが既に終わっている場合は下塗り塗料に適応する上塗り塗料から
選択することになるので必ず希望の色に変更できるとは限りません
中塗り後
追加料金が発生しますが、下塗りに適応した塗料の中であれば変更は可能です
しかし塗料が乾いてしまうと上塗り作業ができなくなってしまうことがあるので
取り寄せに時間がかかると中塗りからの塗り直しになってしまう可能性があります
この場合は中塗りの塗料代と人件費が追加されます
上塗り後
中塗り後と同じく、適応した塗料の中から選んで変更することは可能ですが
もう上塗りの工程が終わってしまっているので、作業が1工程増えることになります
そのため塗料代・人件費・足場をレンタルしているなら足場の延長代が加算されます
足場の撤去後
足場を撤去し、全ての作業が終わってから全体の塗り直しを希望する場合
足場を組むことから再度行うことになるため
塗料代はもちろんのこと人件費・足場代がかかってしまうので
数十万円の追加金額がかかってしまう可能性があります

サンプルで見る色味と、実際外壁に塗られた色とでは太陽光の下では
想像していたよりも明るく鮮やかに見えることが多いようです。
外壁塗装は決して安いものではないので
失敗したと思うことがないように事前の打ち合わせが重要になります('ω')ノ






お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫にお任せを!!
お気軽にお問合せ下さい♪♪
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552