オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

塩害被害で家がボロボロに・・塩害とは


海の近くに家を建てると潮風による塩害が気になりますよね。
潮風に当たると家の劣化が早くなってしまうため
しっかりと塩害対策をとることが大切になってきます。
今回は塩害とは何かを紹介したいと思います(^^)
海
塩害ってなに?
海はもともと塩分を含んでいます
その塩分を含んだ水が蒸発したり塩気をまとった空気が
建物などに付着し劣化を早めてしまうことを塩害といいます
屋根・外壁・玄関のドア・アルミサッシなどに付着することで
腐食を進行させてサビや建物の劣化を促進させてしまいます
そのため海に近い建物は塩害対策が必須となります

塩害で屋根や外壁がボロボロに・・
海の近くで暮らしている方にとっては
潮風で引き起こされる塩害とは無関係でいられません
海に近いほど影響を受けやすく海から5㌔圏内の方は塩害対策は絶対です!!
「自分の家は海から離れているから大丈夫」という方も多いと思いますが
潮風はかなり遠い場所まで運ばれるので
5㌔圏内以外のところであっても関係ないとはいえません

↓ ↓家が塩害被害を受ける範囲なのか下記項目でチェックしましょう↓ ↓
その1 海から5㌔以上離れている
その2 潮の匂いがしない
その3 家の周辺の鉄部分にサビがあまりない
どれも塩害が起こる範囲と症状ですので、該当しない方は大丈夫でしょう
しかし地図を見てわかるように、日本は海に囲まれています
そのためほとんどの県で塩害の影響があるといえます

いかがでしたか?
今回は塩害って何かについて紹介しました。
次回は塩害の対策について紹介したいと思います('ω')ノ



お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫にお任せを!!
お気軽にお問合せ下さい♪♪

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552