オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

外壁に穴があいた!基本の塞ぐ方法


経年劣化などによって、外壁に穴の欠損が現れやすくなります。
外壁に空いてしまった穴を放置すると見栄えが悪くなるだけでなく
構造にも影響が発生してしまいます( ゚Д゚)
今回はどのようにして穴を塞ぐのか方法を紹介したいと思います。
外壁の亀裂
穴を放置すると外壁そのものが傷んでしまう
外壁の穴はピンホールと呼ばれる小さな穴でも外壁の塗装トラブルに繋がります
穴が空いてしまうと雨水などが塗装の内部に侵入して
塗膜が剥がれやすくなってしまいます
さらに進行すると外壁全体に腐食が起こり
構造や家の内部における部材の交換や修理が必要になる可能性が出てきます
外壁は家を守る役割がありますが、たとえ小さな穴であっても
大きなトラブルに発展してしまうので油断せず、早めに対処しましょう!!

外壁の穴を塞ぐのにパテを使用する
外壁の穴を塞ぐには、穴の大きさによって異なる補修が施されます
多くの場合はパテを用いて穴を埋めて、上から塗装をして仕上げます
パテはホームセンターなどで手に入れることができるため
DIY用に購入することは可能です
しかし外壁のタイプによっては、DIYで修理することが難しいものもあるので
その場合は専門業者にお任せしましょう

パテって何!?
パテとはペースト状の充填剤のことです
塗装の下地処理・キズの隠蔽・ガラスの取り付け・水漏れ防止などに使用されます
その他には部材のくぼんだ部分を埋めて滑らかにしたり
雨水の侵入を防ぐなどのために使用されています

今回は外壁の穴を放置するとどうなるのか・穴を塞ぐ方法について
紹介しました('ω')ノ
次回は外壁に穴が空いた【サイディング編】をお伝えしたいと思います。



お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫にお任せを!!
お気軽にお問合せ下さい♪♪
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552