オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ボルトキャップの取り付け工事


以前、折板屋根に欠かすことのできないボルトキャップの必要性について紹介しました。
コチラからどうぞ(^^)
ボルトキャップの必要性は十分理解していただけたかと思いますが
今回はボルトキャップの取り付け工事についてお伝えします。


ボルトキャップの取り付け工事
屋根の塗り替えやメンテナンスの時などに
折板屋根のボルトキャップの取り付けを行うことがあります。
塗装完了後、サビ止めだけでなくボルトキャップも取り付けることで
サビに強くなり雨漏りもしにくくなる、長持ちする折板屋根にすることができます。
ボルトキャップの取り付けは
脱落防止のためにコーキング剤を注入し被せていきます。
作業は簡単ですが、屋根の面積が大きいほど数が多くなってしまいます・・
そして一つ一つ手作業で取り付けるとなるとかなりの時間がかかります。
工場などの面積の大きい建物は、自分で取り付けを行うのはやめて
専門業者に依頼した方が確実で安心といえるでしょう(*'ω'*)

折板屋根の塗装・メンテナンスの時にはコーキングも劣化しています。
またボルトキャップも少しずつ劣化していくので
定期的に交換しなければなりません。
※建物を建ててから、およそ15年経過すればメンテナンスが必要です
屋根の塗り替え、メンテナンスと同じタイミングで
コーキングとボルトキャップを取り替えることで
建物の寿命を延ばすことが可能になります。
ボルトキャップなしで、コーキング処理を行うメンテナンスもありますが
雨漏りやサビを防ぐことができるボルトキャップを取り付けてもらいましょう。



お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫にお任せを!!
お気軽にお問合せ下さい♪♪




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552