オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

もしかして・・鳥の巣!?撤去する前に確認を。


害鳥被害
鳩・ツバメ・ムクドリなどの野鳥が繁殖期を迎える春から初夏にかけて
住宅の狭い隙間に巣を作ってしまうことがあります。
野鳥が巣を作ることで、色々な問題が発生してしまいます( ゚Д゚)
今回は野鳥の巣についてまとめたことをお伝えしたいと思います。
野鳥が巣を作雨ことで考えられる問題は以下のようなものがあります。
1.巣被害による悪臭
2.鳴き声による睡眠不足
このようなことから、被害が大きくなる前に自分で鳥の巣を撤去してしまおうと考えていませんか?
しかし実は、巣の中に卵やヒナがいる場合撤去することができません。
環境省の定めている「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」により
許可なく撤去してしまうと鳥獣保護法に違反してしまいます(>_<)
もし自己判断で巣を撤去してしまうと最高で1年以下の懲役、または100万円以下の罰金となります。
例外として、人体に対して明らかな被害がある場合は市町村の許可を得た場合のみ撤去することができます。
卵やヒナがいる巣の撤去を考えている方は、お住まいの市町村窓口に相談してください。
軒下・エアコンの室外機など気が付いたら巣ができていたということもあるでしょう。
手の届くところであれば自分で撤去することができますが
慣れない高所作業はケガや事故の恐れがあり、非常に危険です!!
自分で撤去しようとせずに、専門業者に依頼しましょう。
またヒナが全て育つとも限らなく、巣立ちの前に命を落としてしまうこともあり
巣の周辺に死骸となって落ちています。
野鳥の死骸は、夏場の気温上昇によって腐敗が進み悪臭を放ちます。
そして野鳥は、居心地のいい場所を見つけると毎年同じ場所に巣を作り
巣から出たゴミや羽が住まいの隙間に溜まっていきます・・
何年もかけて巣を作られている住宅では、ゴミの量がすごい量になってしまいます。
小さな野鳥の巣でも、大きな被害に繋がりかねないのです。

今回は野鳥の巣について紹介しました。
自己判断で撤去してしまうと法に違反してしまうことになりますので注意してください(; ・`д・´)


お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫にお任せを!!
お気軽にお問合せ下さい♪♪
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552