オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

破風板の劣化を放置しないで!その危険性とは・・


雨や風の侵入を防ぐ役割を担っている破風板ですが
劣化を放置しておくことは非常に危険です( ゚Д゚)!!
外装リフォームなどを検討する際は、屋根の劣化状況をチェックするだけでなく
破風板の劣化状況についても確認することが重要になります。
破風鉄板
危険1.落下する
傷んでいる破風板を放置することで、落下の危険性があります
特に木材の破風板は腐食が進行することで剥がれて落下しやすくなってしまいます
危険2.雨漏りする
もともと雨の侵入を防いでくれている破風板ですが
防水性が劣化すれば必然的に雨水が浸入してしまいます
屋根に雨水が浸入することで雨漏りの原因となり、気が付かないうちに
屋根裏が雨水で腐食していた・・なんて事態にもなりかねません!!
破風板劣化に伴う雨漏りは屋根裏で起こるためすぐには気づかないことが特徴です
危険3.住宅にダメージ
破風板が腐食することで屋根材や外壁材へも腐食が進んでしまう危険性があります
破風板の傷みに気が付いたら早めに対策を取りましょう
破風板の劣化は避けることができず、台風などの自然災害もいつ起こるかわかりません
そのため事前に劣化対策を行うことをオススメします。
劣化が進行する前に工事を依頼すれば、補修費用を安く抑えることができます。
1.塗装
破風板の劣化対策には、塗装を定期的に施すのが良いでしょう
塗装は、どの材質の破風板にも効果がある修理方法です
耐水性・耐久性の高い塗料を選択するようにしましょう
2.金属板金巻き
金属板金巻きは、木材の破風板に有効な補修方法になります
ガルバリウム鋼板と呼ばれる金属板を破風板に巻き付けることで耐久性を高めます
塗装のみの補修よりも防水性に優れていて、補修を行う数を減らせるメリットもあります
3.重度の劣化は破風板の交換を・・
劣化が激しい破風板は新しいものと交換することが有効です
破風板の交換には火災保険が適応されることがあります
劣化の原因が台風による場合は、風災として認定されることがあるので保険会社に相談してみましょう

破風板は大切な住まいを雨や風から守る大切な部位ですが、劣化してから気が付くケースが多いです。
定期的に破風板を点検したりメンテナンスしたりすることで
深刻な劣化トラブルを未然に防ぎ、住宅を長持ちさせることができます(^^)


お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫にお任せを!!
お気軽にお問合せ下さい♪♪

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552