オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

住宅の基礎部分について~どのように施工されているの?


基礎工事
メンテナンス時、内装や外壁などを見ることはもちろんですが
住宅の基礎部分を見ることを忘れていませんか?
基礎部分は住宅を支える重要な部分なので、トラブルが生じてしまうと
内装や外壁をメンテナンスしても意味がなくなってしまうことがあります( ゚Д゚)
今回は住宅の基礎部分について紹介したいと思います。
まずは基礎部分とはどのような場所なのかとどのように施工されているのかを知りましょう。

住宅の土台部分にあたる基礎部分は、住宅構造や地盤の状況によって種類が異なります。
分類すると主に直接基礎と杭基礎に分けられます。
多くは直接基礎が採用されていますが、地盤が弱いところに建てる場合は杭基礎になります。
そしてさらにそれぞれの方法も細かく種類に分けられます。
1.ベタ基礎
ベタ基礎は住宅を建てる前に住宅とほぼ同じくらいの面積の地盤にコンクリートで固め
面全体で住宅を支えている基礎のことです。
基礎部分がコンクリートになっているので、シロアリがよってきにくく
不同沈下も起こりにくいとされています。
※不同沈下・・建物の一部だけが沈下すること
コンクリート施工は、他の基礎と比べると手間もかからないので
業者側としても取り入れやすい工法なので近年では多くの住宅に採用されています。
しかしコンクリートを使用する量が、他の基礎よりも多いので
少しコストが高くなるというデメリットがあります。
2.布基礎
布基礎は外壁・柱・間仕切りで使用される壁などの下にコンクリートを入れ支える方法です。
上記で説明したベタ基礎と比べるとコンクリートの量は少ないため
コストは抑えることができるのはメリットでしょう。
コンクリートの量が少なくなることで基礎も軽減することができるので
住宅の重さによる地盤沈下は起こりにくくなります。
構造的な部分はベタ基礎と変わりませんが、面で支えるベタ基礎とは違い
住宅の周囲やその他の一部を基礎として使用している部分があるので
初めから地盤が強い土地や、地盤改良されている土地で採用されています。
3.独立基礎
ベタ基礎や布基礎のような住宅全体の基礎ではなく
玄関ポーチ・デッキなどに使用される部分を独立基礎と言います。
これらの部分は住宅とは関係なく土台が必要な部分のため、基礎を作らなければなりません。
大掛かりな基礎工事にはなりませんが、メンテナンス時に見落としてしまう箇所なので注意しましょう。
1.表層改良
住宅を建てるために十分な硬さの地盤が
表面を掘っていた時に2m以内の深さにある際に行われる杭基礎の種類です。
緩い地盤は表面の土のみになるので、その土を固化材を使用することで固さのある地盤を作ることができます。
しかし2m以内の深さに必要な硬さの地盤があったとしても
地下水位と呼ばれる水分を含む層がある場合は
表層改良をしてもその後地盤が緩くなり、沈下が起こってしまう可能性もあるため
表層改良ではなく違う基礎施工が必要になります。
2.柱状改良
住宅を建てるために十分な硬さの地盤が
2~8m下にあった場合、柱状改良が取り入れられます。
柱状改良は地面の中に柱を埋め込み、その上に住宅の基礎を作っていくというものです。
使用される柱はセメントミルクや天然石など、様々な素材が使用されるので
業者にどのような素材を使用するのか確認してみましょう。
メリットは、住宅を支えるためでなく柱を埋め込むことで地盤の密度が高くなり
地盤を締め固めることもできるということです。
3.銅管杭
銅管杭は、8mを超えても強い地盤が発見されないときに使用される方法で
銅管杭を地面に突き刺して、とにかくしっかりしている層に到着するまで埋め込んでいきます。
深さは30m程度まで埋め込むことができますが
よっぽど地盤が弱いところでない限り採用されません。
例えば地下水脈の多い地域や、住宅自体がかなりの重量となる場合などに銅管杭が取り入れられます。

このように住宅の基礎部分は様々な工法が取り入れられています。
住宅を支える重要な部分なので
どんな工法が取り入れられているのかを確認してみるのもいいかもしれません('ω')ノ


お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫にお任せを!!
お気軽にお問合せ下さい♪♪
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552