オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根塗装と外壁塗装に使用される道具!ローラーについての紹介


ローラー
屋根塗装・外壁塗装は下地処理や洗浄などを行ってから
いよいよ塗装に入ります(^^)
今回はその塗装する際に使用する道具のローラーについて紹介したいと思います。
一般的な筒状のローラーには、耐水性があり硬くて頑丈な紙や合成樹脂でできた
円筒に動物の毛やポリエステルなどの合成繊維を巻き付けているもの
または、植毛加工されたものがあります。
ローラーの大きさはフレームの形状と円高の直径サイズによって分類されます。
●レギュラータイプ D=38ミリ
●標準タイプ D=23ミリ
●ミドルタイプ D=26ミリ d=9ミリ
●スモールローラー D=15ミリ d=6.5ミリ
毛足の長さによって使用方法も異なります。
粗面には毛足の長いタイプ・平滑面には短い毛足のタイプのものが使用されています。
中毛タイプは幅広い用途として使用できる万能なローラーです!!
ローラー表面の産毛が抜けにくく塗料の含みが良く跳ね返りにくかったり
気泡ができないものが優秀なローラーと言われています('ω')ノ
その他にも、ポリウレタン樹脂でできているスポンジローラー
表面に模様の入っているパターン用ローラー
凹凸面の頭部分を押さえて滑らかになるヘッドカットローラー
コーナーや入口の隅部分や屋根折板、目地の溝など細かい部分に使用する特殊な形のローラー
塗料を圧送しながら自動的に供給してくれるものまであります。
集合住宅のような大きな建物については作業性の効率などを理由に
吹き付けで塗装を行うことが多かったのですが、このような方法を使えば周りに悲惨することがなく
塗装効率を大幅にアップさせることができるでしょう。
また、ポリウレタンタイプのものは、スポンジによる発泡倍率によって発砲しやすくなるので
平滑な面に関しては低発砲タイプを使用します。
スポンジの成型体は表面に薄い膜が覆われていることが一般的ですが
膜をなくして気泡だけの状態にしたローラーは砂骨ローラーといって多量の塗料を含むことが可能です。
ローラーは刷毛に比べると初心者の方でも、比較的キレイな仕上がりが期待できるでしょう。
平面部であれば、刷毛を使用しての塗装よりも倍の速さで塗ることができるので
作業効率が高く外壁の厚塗り塗装も簡単に行うことができます!!
刷毛よりも重量が重いので、効率的に塗料を配るように意識しながらローラーを転がします。
ローラーは切れた毛を落としてからローラーネット上を転がしながら均等に塗料を含ませましょう。
Wの形をイメージしながら塗ると上手く塗れます。
ローラーを使用しての塗装は、塗料の飛び散りや
平らではない場所でも簡単に塗装できたり、塗料を無駄にしなくて済むことから
塗料全体にローラー工法が取り入れられるようになりました。

塗装で使用される道具のローラーについて紹介しました(^^)
ローラーにも色々な種類があることをわかって頂けたかと思います。


お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫にお任せを!!
お気軽にお問合せ下さい♪♪

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552