オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日本家屋で良く見られる瓦屋根はどのようにメンテナンスするべき?


日本家屋で良く見られる瓦屋根。
最近では、古民家リノベーションも流行しているため、古い住宅の瓦を使用して
内装は新築のように新しいものに生まれ変わらせている方もいます。
私達日本人にとって瓦屋根は馴染み深く、風流なイメージもあるので
古民家風な住宅にしたい方から注目されている屋根材です。
瓦屋根は一般的に採用されるようになったスレート屋根とは違い
どのようなメンテナンスを行っていくべきなのでしょうか。
今回は瓦屋根のメンテナンスについて紹介したいと思います。

瓦屋根のメンテナンスについて

日本家屋
瓦屋根にこのような症状が現れたらメンテナンス時期です('ω')ノ
1.瓦の割れ
台風などの強風じに飛散物が瓦に衝突して割れが発生したり
または地震などでも割れてしまうことがあります
割れた部分から雨水が浸入して、放置すると雨漏りの原因にもなります
修理方法は、割れた瓦を取り除き新しい瓦を乗せ換えて位置を調整します
瓦を取り除いたときに、瓦の下にある防水シート(ルーフィング)にも
破損がないか確認して、問題が生じている場合は補修します
2.漆喰の崩れ
屋根瓦の隙間を埋めている漆喰ですが強風・雨・地震などでボロボロと風化していきます
漆喰が剥がれ、葺き土まで剥がれてしまうと屋根に穴が開いていることお同じになり
雨漏りする確率がグンと高まります
修理方法は、表面の漆喰のみ剥がれている場合は
剥がれた漆喰を取り除き新しい漆喰を塗ります
葺き土まで崩れている場合は、軒瓦を一旦取り除き葺き土を積んでから
再度棟瓦を乗せて漆喰を塗ります
3.瓦の釘浮き
浮いた釘を抜き、新しい釘やビスで固定します
瓦の下にある防水シート(ルーフィング)や野地板に問題がなければ
瓦の位置を調節して完了です
4.棟瓦のズレ
漆喰が剥がれ、漆喰の奥にある葺き土が崩れると棟瓦に歪みが生じることがあります
その場合は棟瓦を一旦撤去します
そして葺き土を新設して下地を整えた後に棟瓦を積み直し、漆喰を塗り完了となります

瓦のズレや、漆喰の剥がれは放置すると瓦の下にある防水シート(ルーフィング)が
劣化して穴が開いてしまいます。
この状態になると雨漏りが発生してしまい、葺き替え工事が必要になりますので
定期的な点検が重要になります(^^)

お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫に安心してお任せください!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552