オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根から雨漏りが( ゚Д゚)雨漏り発見したらすぐにやるべきこと!!


台風が上陸し「屋根から雨漏りが起こっている!」とまさに今お困りの方(; ・`д・´)
雨漏りを発見したらまずやるべきことについて紹介します。
焦らずに、慌てずに対処しましょう!!

雨漏りのシミ
雨漏りを起こしているみたいだけど確信が持てない・・という方もいらっしゃるかと思います。
まずは、お困りの症状は雨漏りなのかをチェックしてみましょう。
雨漏りの多くは屋根からですが、窓のサッシや外壁などからも雨漏りは起こります('Д')
これから紹介する症状が発生している場合は
雨漏りを疑い、雨漏りの原因箇所をきちんと突き止めるためにも業者に依頼する必要があります。
●天井にシミができている
●壁紙にシミができている
●天井が波打ったり、剥がれてきたりしている
●壁紙が波打ったり、剥がれてきたりしている
●床が膨れている
●天井からポタポタと水滴が落ちてくる
●室内のどこかから水滴の音が聞こえてくる
●室内がカビ臭い
●革製品にカビが発生しやすくなっている
このような症状が発生している場合は、雨漏りの可能性が大きいです!!
すぐに業者に依頼して雨漏り原因箇所を突き止めてもらいましょう。
屋根から雨漏りが発生している場合は、その原因は屋根材そのものよりも
下地材にあることがほとんどです。
瓦やスレートなどの屋根材は、住宅や下地材を強い日差しから守る役割が強く
屋根材の下にはルーフィングと呼ばれる防水シートが貼られています。
実際に雨漏りを防いでいるのは、屋根材ではなくこのルーフィングが防いでくれています。
そのためルーフィングに劣化や不具合があると雨漏りに繋がってしまいます・・
ルーフィングで雨水を食い止めなければ、下地の木材に到達して腐食の原因となります。
屋根からの雨漏りというと
「瓦がずれているから雨漏りが発生している」
「屋根には問題ないから、これは雨漏りじゃない」などと考えてしまいますが
屋根材の状態だけでは雨漏りの特定はできないのです。
屋根の状態に関わらず、上記で紹介したような症状が見られる場合は
ルーフィングからの雨漏りも疑いましょう。

実際に雨漏りが起こっている場合は、バケツを置いておくという方法をとるわけにもいきません。
重要なことは対処療法ではなく、原因の特定と根絶なのです( ゚Д゚)
雨漏りの原因を突き止めて、取り除かなければ
木材を腐らせて、住宅そのものの寿命を縮めることになりかねません!!
プロでさえ原因の特定が難しいとされる雨漏りは、素人判断は行わないほうが良いでしょう。
雨漏りの特徴は、再発が多いことです!!
その理由は、プロでさえ雨漏りの特定が難しいからです。
雨漏りが疑われる場合は、経験が豊富な業者に状態を確認してもらうようにしましょう。
このことが最も安全で安心な解決策です。
しかし悪徳な業者には、十分注意してください(>_<)
工事には「定価」というものがありません!!
そのため悪い業者に依頼してしまい、業者の言いなりになっていると
あっという間に膨大な工事費になってしまうことがあります・・
また、雨漏りが繰り返すことを想定し、何度も修繕費を得ようとする業者もいます。
本当に必要な修繕箇所を特定して、雨漏りを繰り返さないようにしてくれる業者を選びましょう。


雨漏りを放置していると住宅に大きなダメージが起こります。
雨漏りでお困りの方やどうすれば良いかわからない不安を抱えている方はもちろんのこと
雨漏りなのか確信できない方は、まず専門業者に判断してもらいましょう('ω')ノ
街の屋根やさん 滋賀湖南店では無料点検・見積もり・ご相談など
住宅に関することならなんでも対応さしてもらいますので
お気軽にお問合せください♪♪
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552