オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根だけじゃない!台風上陸前に注意・対策をしておくべき場所とは?


以前、屋根の台風対策を屋根材別にお伝えしました。
記事はコチラからどうぞ・・屋根の台風対策!屋根材別
しかし台風対策は屋根だけではなくて、他の場所も対策が必要なんです(; ・`д・´)
今回は屋根だけじゃなく屋根以外で注意・対策をしておくべき場所を紹介します!!

台風による倒壊
●雨樋・雨戸
台風の強風で雨樋や雨戸が飛んで行ってしまわないように
あらかじめ状態を確認して不具合を発見したら放置せずに修理しておきましょう
●外壁
外壁にヒビ割れが生じている場合は、強風によって雨がなぐりになってしまい
外壁のヒビ割れから雨水が浸入してしまうこともあります
外壁用のコーキングなどで応急処置を行う場合もありますが
しっかりと業者に確認してもらい、適切な処置を受けるようにしてください
●窓ガラス
ガタついている、ヒビ割れが生じている場合は早めに修理しておきましょう
ガラス飛散防止フィルムを貼り付けておくと、ガラスが割れてしまった場合飛散を防ぐことができます
強風予報が出ているなら、応急として段ボールを貼り付けておく方法もあります
●ベランダ
荷物や植木鉢などを置いておくのはやめましょう
飛んで行ってしまう恐れがあります
●庭
上記のベランダと同じように、荷物などを置いたままにしておくと
飛ばされる恐れがあるのでやめましょう
また強風時、面積の広いものは風の影響を受けやすいため
家の中に移動するなどの対策を取りましょう
強風注意報が発表される基準は、地域によって異なりますが
風速約10~13メートルの予報で発表される地域が多いみたいです。
しかし各地の注意報レベルよりも少し強い風でも
飛来事故が発生していることもあるので十分に注意しましょう!!
「警報じゃなくて、注意報だから」と軽く思っていると大変なことになりますよ・・


メンテナンスをしっかりと行うことで強風対策だけでなく
雨漏り防止や住宅の劣化を防ぐことができます。
屋根材が飛散してしまうと、他人を傷つけてしまうことがあるので
何か問題が発生する前に、対策をとるようにしてください('ω')ノ
お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫に安心してお任せください。
すぐに駆け付けお客様のご要望に沿った屋根工事をご提案さしていただきます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552