オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

割れ・変色しているカーポート屋根で悩んでいる方へ。


ご自宅のカーポート屋根で悩まれていることはありませんか?
例えば・・
●割れて穴が開いている
●設置した際と比べると変色してきた
長い間使用してきたカーポート屋根であれば、このような症状が出ても無理はありません。
経年劣化によりヒビ・割れが生じてしまったり
紫外線に当たり続けたことによる変色などしていると住宅全体の美観が損なわれてしまいます。
だからと言ってカーポート屋根は素人で簡単に交換できるものではありません!!
今回はカーポート屋根で悩まれている方にお伝えしたいことがあります。
カーポート
カーポート屋根にできてしまった穴・変色・劣化を放置しておくとどうなるのでしょうか?
ひとつひとつ確認していきましょう。

①紫外線で車がダメージを受けてしまう
カーポート屋根に大きな穴が空いてしまっている場合は
そこから入り込んだ紫外線によって大切な車がダメージを受けてしまうことがあります。
車は塗装で覆われていますが、この塗装は紫外線を浴びれば浴びるほど
色褪せや、剥がれたりという劣化を起こしてしまいます。
カーポート屋根の穴から紫外線を浴び続けている部分は、浴び続けた分だけ劣化してしまうのです。
②雨に晒されることで、車のメンテナンスが大変になる
車が汚れてしまう第一の原因はズバリ雨です。
雨水は私たちの目から見ると透明ですが、実際には埃やチリなどの多くの汚れを含んでいます。
雨水が車体に当たると水垢などの汚れになります。
カーポート屋根に不具合があり、駐車している間も雨に晒される車は汚れやすく
その分清掃などのメンテナンスが頻繁に必要になってきます。
③強風飛んだ部材が近隣に迷惑をかけることも
ズレたいたり、外れかけているカーポート屋根の部材は、強風などが吹いた際に
カーポート本体から飛ばされてしまうことがあります。
飛ばされたカーポート屋根の部材が近隣の住宅にぶつかってしまったら、迷惑をかけてしまいます。
災害などの被害は、損害賠償の義務が発生することが少ないですが
近隣の人との関係がうまくいかないことにも繋がってしまいます・・
常に厳しい環境に晒され続けているカーポート屋根は
日々何かしらのダメージを受けています( ゚Д゚)
カーポート屋根が破損してしまう原因は
主に台風などの強風・経年劣化・物が落下した際の衝撃の3つが考えられます。

①台風などの強風
台風の強風時に、飛来物がカーポート屋根に衝突してしまうと
ヒビが入ったり割れたりしてしまいます。
砂埃などでも細かいキズが付いてしまうことがあります。
さらには強風で、屋根が剥がれたり飛ばされたりすることもあります。
②経年劣化
カーポート屋根は、紫外線を浴び続けることで色褪せやヒビ割れを引き起こしてしまいます。
設置から10年以上経過している場合は、経年劣化によって
破損しやすくなっていることが多いので注意しましょう。
③物の落下
住宅の2階などから、誤ってカーポート屋根に硬いものを落下してしまった場合
ヒビが入ったり、割れたりしてしまうことがあります。
一般的にカーポート屋根の寿命は十数年と言われています。
しかし設置場所の環境・日常のメンテナンスの仕方によっては
20年ほど持つ場合もあり、判断が難しいとされています(;'∀')
判断基準として以下のような状態であれば、交換が必要になってきます。

①屋根が破損している
屋根が破損してしまうと、雨や風を防ぐことはできません!!
破損してしまった部分を新しい素材に交換しましょう。
②掃除しても屋根の透明度がもとに戻らない
経年によって屋根が劣化してしまっているので、屋根を全面交換しましょう。
今回はカーポート屋根の割れ・変色でお悩みの方に
放置する危険性・原因について紹介しました。
ご自宅のカーポート屋根について何か気になることがありましたら
お気軽にお問合せください(^^)
すぐに駆け付けお客様のご要望に沿った工事を提案指していただきます!!
お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫に安心してお任せください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552