オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

塗装の際に重要なケレン作業はどんなことをするの?


完成
この前ケレン作業の重要性についてお伝えしました。
※記事はコチラをご覧ください
塗装工事をする際には、絶対欠かしてはいけない下地作業です。
今回はもう一つ、ケレン作業について紹介しておきたいことがあるのでお伝えします!!
実はケレン作業には、第1~4までのレベルが設定されています。

ケレンは落とし具合によって名称が異なります。
1種ケレンは、最も大変ですがピカピカになります!!
しかし作業費用を多くかけて1種ケレンを採用することは現在の建築工事では
ほとんどないとされています(; ・`д・´)

1.第1種ケレン作業
腐食が非常に激しい場合に用いられますが、建築現場ではあまり行われません
ケレンをするより交換したほうが費用が安いという理由からです

2.第2種ケレン作業
ディスクサンダーという電動工具の他、ワイヤーブラシという鉄製のブラシを使用して
サビ・古い塗膜を完全に除去する作業を指します
サビがひどく、そのまま塗装するとサビが浮いてしまうような場合は完全にサビを除去します
古い塗膜とは別の塗料を使用する際には、古い塗膜を除去する必要があるため
この第2種ケレン作業で古い塗膜を完全に除去します

3.第3種ケレン作業
第2種と同じ工具を使用します
しかし工具が入らない狭い隙間・凹凸・曲線がある場合は
研磨スポンジを使用することもあります
第2種と違うところは、古い塗膜を残すという点です
古い塗膜まで除去する必要がない場合は、ディスクサンダーを軽くあてる
ワイヤーブラシのみで削り落とすといった方法でケレンを施します
一般住宅の屋根・外壁のケレン作業で最も多いのが、この第3種ケレン作業です

4.第4種ケレン作業
紙ヤスリや研磨スポンジで塗装面を全体的に擦るという作業になります
金属の素地は触ってみるとわかりやすいのですが、表面にザラつきがあります
軽いサビやザラつきは、紙ヤスリで擦る程度でも処理できますが
全て手作業になるため非常に大変な作業になります
業者の中には、工事価格を水増ししたり
見積書に書いてある工程を省いて人件費を浮かせたりする悪徳業者が存在します。
もし業者から見積もりを取り寄せた際に、工程の中にケレン作業が入ってなかったら要注意です!!
以前紹介したケレン作業が必要な3つの理由をきちんと理解していれば
ケレン作業を省くような業者に、大切な住宅のことを任せられないはずです。
また、ケレン作業を「サービスでします!」などの
あまい言葉をかけてくる業者にも注意したほうが良いでしょう。
ケレン作業は、半日から1日かかる作業のため
それだけの人件費がかかる作業をサービスでするからには、どこかで経費を削減されているかもしれません。
記載されている塗料よりもランクが低い塗料を使用される可能性もあります・・
キレイで長持ちする塗装工事をしてもらうためにも、業者選びはとても重要です!!
ケレン作業は、地味な作業だと思われがちですが
しかし住宅の屋根・外壁をキレイに仕上げたいのあれば
絶対に省くことのできない重要な工程なのです('ω')ノ

お家のことなら≪街の屋根やさん 滋賀湖南店≫に安心してお任せください。
すぐに駆け付けお客様のご要望に沿った屋根工事をご提案さしていただきます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552