オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

意外と知らないベランダとバルコニーの違いについて


いきなりですが、ベランダとバルコニーの違いについて知っていますか?
なにが違うのか、よくわからないという方は多いのではないでしょうか。
建物の多様化している近年は、特に区別されることなく使用されていることが多いです。
建築用語として違いがあるので
今回はベランダとバルコニーの違いについて紹介したいと思います(^^)!!
ベランダ
建物の外側にある、屋根が付いていて歩行することのできるスペースをベランダと言います。
日本家屋にある縁側も、ベランダということになります。
だけど縁側がベランダと言われてもピンと来ないのではないでしょうか?
イメージしやすいのはやはり、戸建て住宅の2階にある洗濯物を干したりスペースだと思います(; ・`д・´)
マンションの場合は、1階でも上に屋根があればベランダと言います。
上の階のベランダ部分が、下の階の屋根という構造になっています。
また建物の側面がフラットになっている構造では、全てがベランダということになります。
でも、物件概要を見るとバルコニーとされてることもあります。
建築用語ではベランダなのですが、よくわからなくなってしまいますね・・
そしてマンションの1階の屋根のついていない部分はテラスと言います。
バルコニー
屋根があるベランダと違い、バルコニーには屋根がありません。
バルコニーは2階以上で手すりがあるスペースのことを言います。
一般的にベランダよりか、バルコニーの方が広いことが多いです。
その理由は、マンションのベランダの屋根は、上の階のベランダ部分なので、バルコニーは屋根がない分だけ外側にせりだして造られているからです。
最上階の住居で目にする下の階を利用した広いスペースは、ルーフバルコニーと言われています。
ルーフバルコニーについては、次回紹介したいと思います。
今回はベランダとバルコニーの違いについて紹介しました。
違いをよく知らなかった方は。少しは理解してもらえたでしょうか?
大切なことは、使い方になります。
マンションという集合住宅は、上下左右の住人に対する気遣いは大切です。
共有部分であるベランダ・バルコニーを使用するときは
きちんとルールを守り使用しましょう!!


何か住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ、不安を取り除きます('ω')ノ


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552