オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

チョーキング現象とは一体何?


サイディングやモルタルの外壁に塗装を行って5~10年経過すると
触れた時に白い粉が付くという現象が起こります。
これは外壁塗装の代表的な劣化現象で「チョーキング現象」と呼ばれるものです。
このチョーキング現象は、ある程度劣化した外壁で
樹脂塗料を使用している限りはほとんどの場合に起こる現象のため
外壁の塗り替えを行う目安とされています(*´ω`*)
今回は、チョーキング現象とは何なのかを詳しく紹介したいと思います。
チョーキング
チョーキング現象とは、外壁塗装が塗膜劣化をすることで現れる劣化現象です。
症状としては、触れると外壁の色の粉が手についてしまうというものです。
チョーキング現象は、塗膜の中にある顔料が粉となり表面に出てくる現象なので
顔料が含まれていないクリアー塗料など、チョーキング現象が現れない塗料もありますが
色のついている塗料の場合はほぼ全て経年劣化とともにチョーキング現象は起こるもの
覚えておいていただきたいです。

ご自分の住宅にチョーキング現象が起こっているかの確認方法は
指で外壁をなぞってみて白い粉が付着するようであれば、チョーキング現象を起こしていることになります。
外壁の色に応じて手につく色は違うので、茶色の外壁なら茶色の粉が手につきます。
チョーキング現象が起こっているということは、塗膜が劣化してしまっているので
もうそろそろ外壁を塗装を検討しないといけません。
チョーキング現象が起こると、塗料の中でどのようなことが起こっているのでしょうか・・

外壁や屋根に塗られる塗料の成分は
色などを付ける「顔料」・顔料を保護して美観や機能を守る「樹脂(合成樹脂)」
そしてこれらがうまく機能したり塗りやすくする「添加剤」の3つの構成からできています。
樹脂はアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素などのいくつかの種類があり
この樹脂を耐久性が高い樹脂にすることで、塗装がどれだけ長い間持つか決まります。
外壁に塗装された塗料は合成樹脂によって塗膜という膜を形成して、塗った面を保護します。
しかし日々厳しい環境に晒され続けているため、塗膜を保護していた合成樹脂は
徐々に分解し劣化してしまいます・・
保護膜である樹脂や、塗膜として安定させてくれていた添加剤が
ある程度分解してしまった塗装面は、顔料がむきだしになってしまいます。
そしてこの顔料も劣化して、表面で粉化してしまった現象がチョーキング現象になります。


もし外壁に触れた時に粉が手についてしまったら塗り替えの目安なので
塗装を検討されてみることをオススメします(^^)
チョーキング現象が起こっているのに放置することはやめましょう!!
その理由は次回お伝えしたいと思います。

何か住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ、不安を取り除きます('ω')ノ
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552