オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

強い住宅づくりに大切なこととは・・


地震対策について、ハウスメーカーなどに任せっきりにする方は少なくなってきたように思います。
信頼できる業者ばかりではないので、お客様自身でもきちんと勉強することが重要です。
悪徳な業者に騙されないためにも、基本知識だけは持っておくことをオススメします('ω')ノ

今回は、耐震構造の種類の違いについて紹介したいと思います。
耐震住宅
耐震には大きく分けて3つ種類があります。
「耐震」「免震」「制震」です。
タワーマンションなどでは耐震に加えて、揺れを軽減してくれる免震や制震を採用されているケースがあります。
導入・メンテナンスのコスト面では、一番免振構造が高いとされています。
それでは、一つ一つ詳しく説明します(^^)
①耐震~揺れに耐える
壁・柱・梁などを頑丈にし倒壊を防ぐ構造です。
地震のエネルギーは直接建物に伝わります。
揺れそのものを弱くするわけではないので、家具などの転倒リスクは軽減することはできません・・
また、マンションの場合は上階であればあるほど揺れが大きくなってしまいます。

②制震~揺れを吸収する
ダンパーなど、建物内の装置で揺れを吸収する構造です。
耐震では軽減することのできなかった上層階の揺れを、軽減することができます。
そして強風などの揺れも軽減してくれます。

③免震~揺れを受け流す
建物と基礎の間に設置した装置によって、揺れを受け流します。
建物が直接基礎に固定されないことで揺れを受け流すことができます。
建物を水平に保つため、自らを揺れやすくした構造で
激しい強い揺れを、ゆっくりとした平行な揺れに変えてくれます。
このような構造のため強風などによって揺れてしまう特徴があります。
耐震基準とは建築基準法によって定められています。
制定されたのは1950年で、その後の大きな地震によって大幅な改正がされてきました。

大きな改正があったのは1981年6月
1978年に起こった、宮城県沖地震をきっかけとしたものです。
このとき以前の耐震基準を旧耐震基準として、これ以降を新耐震基準と呼ぶようになりました。

新耐震基準では
●震度5程度の中規模地震でほとんど損傷しないこと
●震度6以上の地震で倒壊・崩壊しないこと
以上2つが要求されています( ゚Д゚)

また、阪神淡路大震災を受けて
2000年には一戸建てに対して、新築の場合は地盤調査の義務化をするなどの改正がされています!!
耐震のレベルは住宅性能表示制度によって確認することができます。
この制度では、国の定める基準に沿って建物に1~3の耐震等級がきめられます。
最高レベルは耐震等級3ですが、耐震等級1であれば
建築基準法に相当しています。
今回は強い住宅づくりに大切なことについて紹介しました。
旧耐震基準で建てられた住宅の場合は、瓦屋根を見直すなど
耐震補強工事を積極的に行ったほうが良いかもしれません・・
防災瓦というものもありますが、重量の問題は残ってしまうため
オススメしたい屋根材は「ガルバリウム鋼板」という金属系の屋根材です。
加工しやすく瓦風のデザインを採用することもできるので検討されてみてはいかがでしょうか。
※ガルバリウム鋼板のページへGO!!

何か住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ、不安を取り除きます('ω')ノ
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552